身代金 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
身代金
Ransom
監督 ロン・ハワード
脚本 リチャード・プライス
製作 スコット・ルーディン
ブライアン・グレイザー
B・キプリング・ハゴピアン
製作総指揮 トッド・ハロウェル
出演者 メル・ギブソン
ゲイリー・シニーズ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ピョートル・ソボチンスキー
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイク・ヒル
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナ・ビスタ・インターナショナル
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月8日
日本の旗 1997年2月15日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000
興行収入 $309,492,681[1]
テンプレートを表示

身代金』(みのしろきん、原題: Ransom)は、メル・ギブソン主演のサスペンス映画1996年製作。1956年アメリカ映画誘拐』のリメイク作品。公式の上映時間は122分だが、18分長い版がレーザーディスクで発売されていた。

原作では息子を誘拐された被害者夫婦とその周囲、そして世間の世論にスポットライトが当てられていたが、本作では犯人グループについても細かく描写されているのが特徴である。

ストーリー[編集]

息子を誘拐された主人公が、犯人との交渉において奇抜な行動に打って出る。

主人公は新興の航空会社社長。身代金目的で子供を誘拐されるが、犯人との取引で身代金を支払らっても子供は生きて帰ってこないと直感。思い悩んだ末に、妻や警察の制止を振り切って、TVを利用して犯人に懸賞金を掛けて強引な交渉に出る。

主人公の行動に世間は沸き立つが、これによって犯人グループの中にも不協和音が生まれることに・・・。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD テレビ朝日 日本テレビ
トム・ミュレン メル・ギブソン 磯部勉 小山力也
ケイト・ミュレン レネ・ルッソ 高島雅羅 田中敦子 相沢恵子
ショーン・ミュレン ブローリー・ノルティ 日吉孝明 久保田恵 大谷育江
ジミー・シェイカー刑事 ゲイリー・シニーズ 金尾哲夫 菅生隆之 小川真司
ホーキンス捜査官 デルロイ・リンドー 池田勝 坂口芳貞 麦人
マリス・コナー リリ・テイラー 林佳代子 山像かおり 松本梨香
クラーク・バーンズ リーヴ・シュレイバー 中田和宏 家中宏 内田直哉
カビー・バーンズ ドニー・ウォルバーグ 大黒和広 遠藤純一 中原茂
マイルス・ロバーツ エヴァン・ハンドラー 星野充昭 落合弘治
ジャッキー・ブラウン ダン・ヘダヤ
  • VHS・DVD版
その他の声の出演:幹本雄之松岡ミユキ定岡小百合伊藤和晃中博史水野龍司高瀬右光小野未喜棚田恵美子伊藤栄次松本大柳沢栄治小出達也佐藤史紀坂本裕子ラッツ・メリー
演出:蕨南勝之、翻訳:筒井愛子、録音・調整:兼子芳博、録音制作:ACクリエイト、技術協力:ビーライン、監修:岡本企美子、制作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.
その他の声の出演:金野恵子水野龍司片岡富枝後藤敦中田和宏長克巳野沢由香里小室正幸伊藤栄次折笠愛鈴木紀子中博史廣田行生石住昭彦幸田夏穂加藤沙織鳥畑洋人永井誠
制作:スケアクロウ、演出:蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、効果:南部満治、調整:山本洋平
その他の声の出演:岩崎ひろし中澤やよい小島敏彦大川透沢木郁也坂東尚樹湯屋敦子岩田安生堀越真己、定岡小百合、楠大典樫井笙人小山武宏大橋世津稲葉実楠見尚己竹村叔子立木文彦乃村健次安井邦彦加瀬康之
翻訳:佐藤恵子、演出:佐藤敏夫、効果:サウンドボックス、調整:高久孝雄、スタジオ:オムニバスジャパン、制作:稲毛弘之(東北新社

出典[編集]

  1. ^ Ransom (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]