ランダム・ハーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランダム・ハーツ
Random Hearts
監督 シドニー・ポラック
脚本 カート・リュードック
原作 ウォーレン・アドラー
製作 シドニー・ポラック
メアリーケイ・パウエル
製作総指揮 ウォーレン・アドラー
ロナルド・L・シュワリー
出演者 ハリソン・フォード
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ウィリアム・スタインカンプ
配給 アメリカ合衆国の旗 S.P.E/コロンビア
日本の旗 S.P.E
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月8日
日本の旗 1999年12月18日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $64,000,000[1]
興行収入 $31,502,583[1] アメリカ合衆国の旗
$74,608,570[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ランダム・ハーツ』(Random Hearts)は1999年製作のアメリカ映画シドニー・ポラック監督。

あらすじ[編集]

ありふれた中年夫婦を悲劇が襲った。夫のヴァンデンブロック(ダッチ)は巡査部長で、その妻は出版社に勤務していた。子宝には恵まれないが、夫婦仲は順調だった。ある日、いつものように出勤したダッチだったが、勤務中、マイアミ行きの飛行機が墜落したというニュースが入った。その時は気にもとめていなかったダッチだったが、帰宅後留守電に妻がマイアミに向かったという伝言を聞いて衝撃が走る。慌てて航空会社に問い合わあわせたが、死亡名簿には妻の名前は載っていなかった。しかし確かに留守電にはマイアミへ出張へ行くとの伝言が。妻が勤務していた出版社に問い合わせると、そんな出張はしていないと言う。納得のいかないダッチは、しつこく航空会社に問い合わせる。そこで身元が合わない二人の夫婦の遺体が見つかる。それは紛れもなく妻の変わり果てた姿であった。現実を受け入れられないダッチ。なぜこのようなことになったのか。なぜ妻は嘘を付いたのか。一体この旅行の目的は何だったのか。懐疑心に駆られたダッチは詳しく調べを始めた。調査を進めた結果、どうやら旅行の目的は一緒の機に夫として搭乗していたチャンドラーという男と関係があるらしい。その妻ケイは下院議員で、次期選挙に向けて再選活動中の話題の政治家だった。ダッチは多忙の未亡人ケイの元を訪れて妻の旅行に隠された謎の解明に協力を求めたが、ケイはそれどころではないと申し出を断った。しかし、諦めきれないダッチは何度も繰り返しケイとの接触をし、妻の秘密を探ろうとするのだが…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
ダッチ・ヴァン・デン・ブロック ハリソン・フォード 磯部勉 村井国夫
ケイ・チャンドラー クリスティン・スコット・トーマス 高島雅羅 戸田恵子
アルシー チャールズ・S・ダットン 立木文彦 佐々木誠二
ウェンディ・ジャッド ボニー・ハント さとうあい 唐沢潤
ジョージ・ボーフォート探偵 デニス・ヘイスバート 中多和宏
カール・ブロマン シドニー・ポラック 稲葉実 小林勝彦
トルーマン・トレイナー リチャード・ジェンキンス 城山堅 坂部文昭
ディック・モントーヤ ポール・ギルフォイル 伊藤栄次 石塚運昇
カレン・チャンドラー ピーター・コヨーテ 内田直哉
フィリーズ・ボナパート リネ・シグペン
リチャード・ジャッド ディラン・ベイカー
モリー・ロール スーザン・フロイド
マービン ビル・コッブス 小山武宏
ジェシカ・チャンドラー ケイト・マーラ
シャラ・マムフォード アリアナ・トーマス
翻訳:筒井愛子、演出:福永莞爾

脚注[編集]

  1. ^ a b c Random Hearts (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]