いのちの紐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いのちの紐
The Slender Thread
監督 シドニー・ポラック
脚本 スターリング・シリファント
原作 シャヴァ・アレクサンダー
製作 スティーヴン・アレクサンダー
スターリング・シリファント
音楽 クインシー・ジョーンズ
撮影 ロイヤル・グリッグス
編集 トーマス・スタンフォード
製作会社 スティーヴン・アレクサンダー・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年12月23日
日本の旗 1966年10月8日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

いのちの紐』(The Slender Thread)は、1965年アメリカ映画。『ライフ』誌に掲載されたシャナ・アレクサンダーの実話を基にしたドラマ映画で、これまでテレビシリーズの手掛けてきたシドニー・ポラックの第一回監督映画である。

あらすじ[編集]

シアトル市の自殺防止協会にインガ・ダイソンという女性から電話がかかってくる。インガは大量の睡眠薬を服用し、朦朧とした状態で電話してきたのである。電話を受けたのはアルバイト学生のアラン・ニューウェル。電話の向こうのインガに呼びかけ続け、なんとか居場所を聞き出そうと奮闘する。コバーン博士や協会のスタッフらが必死に対処し間一髪で警察に保護された。一同が安堵する中、ニューウェルは次の電話の受話器をとりあげる。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞[1] 衣裳デザイン賞 イーディス・ヘッド ノミネート
美術監督・装置賞(白黒) 美術: ハル・ペレイラ、ジャック・ポプリン
装置: ロバート・E・ベントン、ジョセフ・キシュ
ノミネート
ゴールデングローブ賞[2] 脚本賞 スターリング・シリファント ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ 1965 (38th)” (英語). awardsdatabase.oscars.org. 2011年1月1日閲覧。
  2. ^ indicates the winner. Slender Thread, The” (英語). goldenglobes.org. 2011年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]