ハバナ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハバナ
Havana
監督 シドニー・ポラック
脚本 ジュディス・ラスコー
デヴィッド・レイフィール
原案 ジュディス・ラスコー
製作 シドニー・ポラック
リチャード・ロス
製作総指揮 ロナルド・L・シュワリー
出演者 ロバート・レッドフォード
レナ・オリン
ラウル・ジュリア
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 オーウェン・ロイズマン
編集 フレドリック・スタインカンプ
ウィリアム・スタインカンプ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月14日
日本の旗 1991年3月21日
上映時間 145分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語スペイン語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $9,243,140[1]
テンプレートを表示

ハバナ』(原題:Havana)は、1990年制作のアメリカ映画シドニー・ポラック監督、ロバート・レッドフォード主演。

革命前夜のキューバハバナを舞台に、プロのカードギャンブラーと革命運動闘士の女性との恋と運命を描いた映画で、90年代版『カサブランカ』”といわれる作品である[要出典]

撮影はドミニカ共和国で行われた。

あらすじ[編集]

1958年、アメリカ人のプロ・ギャンブラー、ジャックは世界最大のカード・ゲームが開催されるキューバハバナに船で向かっていたが、その船中で当局に追われるボビーという美しい女性と出会う。

ハバナ到着後、ジャックはボビーと再会する。その後、ジャックは、ボビーがキューバの共産主義革命運動闘士の妻であり、同じく運動に関わっていたために追われている事を知る。ジャックは彼女の身を案じて何とか救い出そうと奔走し、ボビーもまた運動から離れてジャックを愛しようとするが、革命の足音はすぐそこまで迫ってきていた。そして2人の恋と運命もまた翻弄されていく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャック・ウェイル ロバート・レッドフォード 野沢那智
ボビー・デュラン レナ・オリン 一柳みる
ジョー・ヴォルピ アラン・アーキン 阪脩
アルトゥーロ・デュラン ラウル・ジュリア
(クレジットなし)
吉水慶
メノカル大佐 トーマス・ミリアン 筈見純
マリオン・チグウェル ダニエル・デイヴィス 嶋俊介
フリオ・ラモス トニー・プラナ 池田勝
ダイアン ベッツィ・ブラントリー
教授 リチャード・ファーンズワース
マイヤー・ランスキー マーク・ライデル 稲葉実

脚注[編集]

  1. ^ a b Havana” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]