追憶 (1973年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
追憶
The Way We Were
監督 シドニー・ポラック
脚本 アーサー・ローレンツ
製作 レイ・スターク
出演者 バーブラ・ストライサンド
ロバート・レッドフォード
音楽 マーヴィン・ハムリッシュ
主題歌 追憶
撮影 ハリー・ストラドリング・ジュニア
編集 マーガレット・ブース
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年10月16日
日本の旗 1974年4月13日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $45,000,000[1]
テンプレートを表示

追憶』(ついおく、The Way We Were)は、1973年アメリカ映画シドニー・ポラック監督。脚本を書いたアーサー・ローレンツは、大学時代に体験した学生運動を元にストーリーを練り上げた。

あらすじ[編集]

左翼思想に傾倒するケイティーと政治的主義にとらわれない考えを持つハベル。信条が正反対の二人は大学で出逢い、卒業後それぞれの道を進む。第二次世界大戦の最中ケイティーは偶然ニューヨークで軍人となったハベルと再会し、戦後結婚した。ハベルは脚本家となり、ハリウッドで徐々に認められるようになる。しかし、マッカーシズムの時代が幕を開けると、ケイティーの政治思想がハベルの仕事にも影響を及ぼし、二人の仲に亀裂が入り始めた。

出演者[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ版
ケイティ・モロスキー バーブラ・ストライサンド 弥永和子
ハベル・ガードナー ロバート・レッドフォード 有川博
J・J ブラッドフォード・ディルマン キートン山田
キャロル ロイス・チャイルズ 小宮和枝
ジョージ パトリック・オニール 平林尚三
フランキー ジェームズ・ウッズ

[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Way We Were (1973)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]