ウィリアム・ピーターセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ピーターセン
William Petersen
William Petersen
2004年、『CSI』のセットで
本名 William Louis Petersen
生年月日 1953年2月21日(61歳)
出生地 イリノイ州エヴァンストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Joanne Brady (1974-1981)
Gina Cirone (2003-)

ウィリアム・ルイス・ピーターセン(William Louis Petersen, 1953年2月21日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の俳優。父親はデンマーク系、母親はドイツ系[1]

来歴[編集]

アイダホ州立大学在学中に演技に目覚め、大学を中退してスペインで演技を学ぶ。シカゴでステッペンウルフ・シアター・カンパニーの舞台に立ったり、Remains Theater Ensembleという劇団を共同で設立するなど、活発に活動する。

1986年、『刑事グラハム/凍りついた欲望』で主人公のウィル・グレアムを演じ注目される。その後はテレビ出演が多いが、特に2000年から始まった『CSI:科学捜査班』では、捜査班主任のギル・グリッソムを演じている。自身の製作会社High Horseを持ち、『CSI:科学捜査班』ではプロデュースも手がけている。

2008年、今後舞台などに専念するため、『CSI:科学捜査班』の9シーズンを最後にレギュラー出演者としては降板することが発表された[2]。必要であればゲストとして出演し、エグゼクティブ・プロデューサーとしても『CSI』には関わっていくという[3]

2009年2月3日、米ハリウッドの殿堂「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」入りを果たした。

私生活[編集]

1974年に結婚し1975年に娘が生まれるが1981年に離婚。2003年に再婚し2011年に双子が生まれた[4][5]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1981 ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー
Thief
バーテンダー
1985 L.A.大捜査線/狼たちの街
To Live and Die in L.A.
リチャード・チャンス
1986 刑事グラハム/凍りついた欲望
Manhunter
ウィル・グレアム
1987 サイレント・ボイス/愛を虹にのせて
Amazing Grace and Chuck
ラッセル
大穴!特攻草野球/万歳スタジアム
Long Gone
セシル・カントレル テレビ映画
1989 今ひとたび
Cousins
トム
1990 若き日のJFK
The Kennedys of Massachusetts
ジョセフ・P・ケネディ テレビ・ミニシリーズ
ヤングガン2
Young Guns II
パット・ギャレット
1991 いつも隣にいてほしい
Hard Promises
ジョーイ
1992 お葬式だよ全員集合!
Passed Away
フランク
1993 カリブの渇いた銃弾
Curacao
Stephen Guerin テレビ映画
1995 ダブルクロス/陰謀
In the Kingdom of the Blind, the Man with One Eye Is King
トニー・C
1996 狼たちの街
Mulholland Falls
ジャック・フリン クレジットなし
悪魔の恋
Fear
スティーヴ・ウォーカー
ザ・ビースト/巨大イカの逆襲
The Beast
ウィップ・ダルトン テレビ映画
1997 12人の怒れる男 評決の行方
12 Angry Men
陪審員12番 テレビ映画
1998 ラット・パック/シナトラとJFK
The Rat Pack
ジョン・F・ケネディ
楽園のキス
Kiss the Sky
ジェフ
2000 ザ・スカルズ/髑髏の誓い
The Skulls
エイムス・レヴェット
ザ・コンテンダー
The Contender
ジャック・ハサウェイ
2000-2009 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ギル・グリッソム テレビシリーズ、主演および製作総指揮
2001 ヘイブン 安住の地を求めて
Haven
ジャクソン テレビ映画
2011 デタッチメント 優しい無関心
Detachment
サージ・ケプラー
2012 エンド・オブ・ザ・ワールド
Seeking a Friend for the End of the World
トラッカー
2013 To Appomattox テレビシリーズ

参照[編集]

  1. ^ Hiltbrand, David (2004年2月6日). “William Petersen didn't have a clue `CSI' would be a huge hit”. Philadelphia Inquirer. http://www.highbeam.com/doc/1G1-118753414.html 2007年12月10日閲覧。 
  2. ^ “「CSI」のウィリアム・ピーターセン、今シーズン第10話でレギュラーを降板”. シネマトゥデイ. (2008年7月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014536 2013年2月1日閲覧。 
  3. ^ Associated Press (2008年7月15日). “William Petersen's run on 'CSI' coming to end”. CNN.com. 2008年7月16日閲覧。
  4. ^ “「CSI:科学捜査班」のウィリアム・ピーターセンに双子の赤ちゃん誕生”. シネマトゥデイ. (2011年8月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0034843 2013年2月1日閲覧。 
  5. ^ 04:00 PM ET. “William Petersen Welcomes Twins – Moms & Babies – Moms & Babies - People.com”. Celebritybabies.people.com. 2012年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]