ゴースト&ダークネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴースト&ダークネス
The Ghost and the Darkness
監督 スティーヴン・ホプキンス
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ゲイル・アン・ハード
A・キットマン・ホー
ポール・ラディン
製作総指揮 マイケル・ダグラス
スティーヴン・ルーサー
出演者 マイケル・ダグラス
ヴァル・キルマー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 ロバート・ボンデリ
ロバート・ブラウン Jr.
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年10月11日
日本の旗 1997年3月29日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語スワヒリ語ヒンディー語
製作費 $55,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$38,619,405[2]
世界の旗$75,000,000
テンプレートを表示

ゴースト&ダークネス』(原題:The Ghost and the Darkness)は、1997年制作のアメリカ映画スティーヴン・ホプキンス監督。マイケル・ダグラス(兼・製作総指揮)、ヴァル・キルマー出演。

19世紀末のイギリス領東アフリカ(現・ケニア)で140人を殺害したといわれる[3]2頭の人食いライオンツァボの人食いライオン)をモチーフにした動物パニックアクション映画である。

ウィリアム・ゴールドマンは東アフリカを旅行中にこの事件の事を知り、これが本作の脚本を執筆するきっかけとなった。

あらすじ[編集]

1898年イギリス領東アフリカ(現・ケニア)。イギリス政府は東アフリカの支配強化のため、ウガンダ鉄道の建設を急ピッチで進めていた。

橋梁技術者のジョン・ヘンリー・パターソン(John Henry Patterson中佐はその最終段階となるツァボ川にかける鉄橋の建設工事の主任に任命され、妊娠中の妻を本国に残して現地に赴任した。

しかし、そこでは現地人が“シャイタニ”(夜の悪魔)と呼んで恐れる2頭の人食いライオンが出没、工事に従事するインド人や現地人が次々と犠牲になっていた。2頭は“ゴースト”(幽霊)と“ダークネス”(暗黒)と呼ばれていて、その影響で工事は中断してしまう。

パターソンはイギリス政府が雇った腕利きのハンター、レミントンと共に退治に乗り出すが、2頭の残虐さは彼らの想像を絶するものであった…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャールズ・レミントン マイケル・ダグラス 小川真司
ジョン・ヘンリー・パターソン中佐 ヴァル・キルマー 磯部勉
デヴィッド・ホーソン医師 バーナード・ヒル 納谷六朗
ロバート・ボーモント卿 トム・ウィルキンソン 宝亀克寿
アンガス・スターリング ブライアン・マッカーディ 長島雄一
サミュエル ジョン・カニ 佐々木梅治
ヘレナ・パターソン エミリー・モーティマー 深見梨加
アブドゥラ オム・プリ

その他、仲野裕稲葉実荒川太郎坂口賢一

備考[編集]

シカゴフィールド自然史博物館に展示されているツァボの人食いライオンの剥製

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Box Office/business imdb.com
  2. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Box Office Mojo
  3. ^ 総合的な犠牲者数については諸説あり、非公式な数も合わせると最大135人から140人ともいわれている。9カ月の間に現地で工事に従事するインド人と現地人28人が殺害された。 http://biggame.iza-yoi.net/facts/fact7.html
  4. ^ ツァボに生息する雄ライオンは鬣の発育が悪いといわれている。 http://biggame.iza-yoi.net/facts/fact7.html
  5. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Trivia imdb.com
  6. ^ “Kenya wants Tsavo man-eaters back”. BBC News. (2007年9月11日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/6988918.stm 
  7. ^ “人食いライオンの毛皮、故郷ケニアへ返却されず”. AFPBB News. (2007年9月21日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2286476/2167629 
  8. ^ “ケニア国立博物館が再オープン、大統領が植民地時代の遺品の返還求める”. AFPBB News. (2008年7月16日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2418423/3134119 
  9. ^ “Kenya presses US to return ‘man-eaters of Tsavo’”. DAILY NATION. (2009年4月15日). http://www.nation.co.ke/News/-/1056/560740/-/u49nug/-/index.html 

外部リンク[編集]