サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタクロース・リターンズ!
クリスマス危機一髪
The Santa Clause 2
監督 マイケル・レンベック
脚本 ケン・ダウリオ
エド・デクター
シンコ・ポール
ジョン・J・ストラウス
ドン・ライマー
原案 レオ・ベンヴェヌーティ
スティーヴ・ルドニック
製作 ブライアン・ライリー
ジェフリー・シルヴァー
ボビー・ニューマイヤー
製作総指揮 リチャード・ベイカー
リック・メッシーナ
ジェームズ・ミラー
ウィリアム・W・ウィルソン三世
出演者 ティム・アレン
エリザベス・ミッチェル
音楽 ジョージ・S・クリントン
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 デヴィッド・フィンファー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年11月1日
日本の旗 2002年12月7日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $139,236,327[1]
世界の旗 $172,855,065[1]
前作 サンタクローズ
次作 サンタクローズ3/クリスマス大決戦!
テンプレートを表示

サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪』(- ききいっぱつ、The Santa Clause 2)は2002年アメリカ合衆国の映画

ある日突然サンタクロースSanta Claus)の仕事を引き継ぐ契約「サンタクローズ(Santa Clause[2])」を結ばされてしまった男を描いた1994年コメディ映画サンタクローズ』の続編である。そのため「サンタクロー・リターンズ!」と「ス」を濁らせて表記されることもあるが、本作に関しては「ス」が正しい表記である。

本作の続編として『サンタクローズ3/クリスマス大決戦!』(2006年)がある。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

スコット・カルヴィン
演 - ティム・アレン、吹替 - 磯部勉
史上最高のサンタクロース。8年前まで玩具会社のエリートビジネスマンだった。
キャロル・ニューマン
演 - エリザベス・ミッチェル、吹替 - 深見梨加
スコットの息子チャーリーの学校の校長。
バーナード
演 - デヴィッド・クラムホルツ、吹替 - 石田彰
大妖精。
チャーリー・カルヴィン
演 - エリック・ロイド、吹替 - 入野自由
スコットの息子。
ニール・ミラー
演 - ジャッジ・ラインホルド、吹替 - 内田直哉
精神分析医。
ローラ・ミラー
演 - ウェンディ・クルーソン
スコットの元妻。チャーリーの母。現在はニールの妻。
カーティス
演 - スペンサー・ブレスリン、吹替 - 常盤祐貴
妖精見習い。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Santa Clause 2 (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月17日閲覧。
  2. ^ clause:(契約などの)条項の意。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]