フライトプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライトプラン
Flightplan
監督 ロベルト・シュヴェンケ
脚本 ピーター・A・ダウリング
ビリー・レイ
製作 ブライアン・グレイザー
製作総指揮 ロバート・ディノッツィ
チャールズ・J・D・シュリッセル
出演者 ジョディ・フォスター
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 トム・ノーブル
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年9月23日
日本の旗 2006年1月28日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000
興行収入 $89,707,299[1] アメリカ合衆国の旗
$223,387,299[1] 世界の旗
テンプレートを表示

フライトプラン』(Flightplan)は、2005年に製作されたアメリカサスペンス映画である。監督はドイツ出身で『タトゥー』を制作したロベルト・シュヴェンケ。主演はジョディ・フォスター。製作はタッチストーン・ピクチャーズ


あらすじ[編集]

仕事先のベルリンに滞在中に突然の事故で夫を亡くした航空機設計士のカイルは、6歳の娘・ジュリア、そして棺に入った亡き夫と共にベルリン空港から飛行機に乗り、自宅のあるニューヨークへの帰路に就いていた。

離陸して約3時間後、仮眠から覚めたカイルは隣の席にいたはずのジュリアの姿がないことに気づく。誰も目撃者がおらず(ただ1人、ジュリアを見た旨を証言した目撃者がいたが、子供のため、証言能力なしと判断された)、乗務員総動員でジュリアの捜索にあたるが見つからない。仕舞いには搭乗記録にジュリアの名前が存在しないと告げられてしまう。

キャスト[編集]

俳優 日本語吹替
カイル・プラット ジョディ・フォスター 戸田恵子
ジーン・カーソン ピーター・サースガード 森川智之
マーカス・リッチ機長 ショーン・ビーン 磯部勉
フィオナ エリカ・クリステンセン 小林沙苗
ステファニー ケイト・ビーハン 藤本喜久子
オバイド マイケル・アービー 石住昭彦
アハメド アサフ・コーエン 船木真人
ジュリア・プラット マーリーン・ローストン 宮本侑芽

スタッフ[編集]

  • 監督 : ロベルト・シュヴェンケ
  • 脚本 : ピーター・A・ダウリング、ビリー・レイ
  • 製作 : ブライアン・グレイザー
  • 製作総指揮 : ロバート・ディノッツィ、チャールズ・J・D・シュリッセル
  • 音楽 : ジェームズ・ホーナー
  • 撮影 : フロリアン・バルハウス
  • 編集 : トム・ノーブル
  • 音響 : ジョン・タイトル
  • プロダクション・デザイン : アレック・ハモンド
  • 美術 : ケヴィン・イシオカ、セバスチャン・T・クラウィンケル
  • セット : サイモン・ジュリアン・ボーチェリー、キャシー・ルーカス
  • 衣装 : スーザン・ライアル
  • 特殊効果-監督 : クレイ・ピニー
  • 特殊効果-監修 : ジョン・S・ベイカー、ゲルト・フォイシター
  • 特殊効果 : トーマス・ティーレ
  • 視覚効果-監修 : マーク・フロイント、ロブ・ホジソン、エドソン・ウィリアムズ
  • 視覚効果 : ローラ・ビジュアル・エフェクツ社
  • スタント指導 : ジル・ストークスベリー
  • キャスティング : デボラ・アクィラ、メアリー・トリシア・ウッド、トリシア・ウッズ

製作[編集]

カーソン役を演じたピーター・サースガードは飛行機が苦手で、ショーン・ビーンも飛行機やヘリコプターが大の苦手だった。『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影中にも、ヘリによる山の上のロケ地への移動を断固として拒み、ボロミアの衣装のまま徒歩で登山したという逸話が残っている。しかしこの映画でリッチ機長を演じたことにより、恐怖感はなくなったという[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b Flightplan (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]