保健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OECD各国のGDPにおける社会的支出割合(%、種類別)[1]
青が保健。
OECD各国の一人あたり保健支出(青は公的、赤は私的)[2]

保健(ほけん)とは、健康を保つこと。大学などでは、保健に関する学問について保健学と称される。

人間の健康維持に関連する資格施設食品などは、「保健〜」という名称で呼ばれる。

公衆衛生として保健[編集]

保健を行う組織[編集]

法律的には、地域保健法によって定められている。保健所市町村保健センター地方衛生研究所などが該当する。

保健教育[編集]


関連項目[編集]


  1. ^ OECD Social Expenditure Statistics (Report). OECD. (2011). doi:10.1787/socx-data-en. http://www.oecd.org/els/soc/expenditure.htm. 
  2. ^ Health at a Glance 2013 (Report). OECD. (2013-11-21). doi:10.1787/health_glance-2013-en. ISBN 978-92-64-205024.