看護診断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

看護診断(かんごしんだん)とは、看護過程の段階の1つ。

看護アセスメントに基づき、対象者に起こっている問題を診断する。NANDAの看護診断が用いられる場合が多い。

看護診断は医学的診断とは異なり、生活上の問題に焦点が当てられる。

構成[編集]

看護診断は診断名と関連因子に分けられる。 例えば「転倒の危険性」という問題が「筋力低下」見当識障害に関連している場合、

「筋力低下・見当識障害に伴う転倒の危険性」と表す。基本的に、1つの看護診断に対して複数の関連因子が関わっている。