バビロン第1王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バビロン第1王朝古バビロニア王国)とは、紀元前1830年紀元前1530年メソポタミア地方で栄えたアムル系王朝のことである。

ハンムラビ王(在位:紀元前1792年-紀元前1750年)治世下に全メソポタミア地方を征服した。「目には目を、歯には歯を」という復讐法の条文で有名なハンムラビ法典を作ったのもこの王である。

歴代君主表[編集]

関連項目[編集]