エドウィン・スミス・パピルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドウィン・スミス・パピルス(ページ6、7)、ニューヨーク医学会所蔵

エドウィン・スミス・パピルスEdwin Smith Papyrus)は、古代エジプト外傷手術に関する書物パピルス)。紀元前17世紀頃記述されたと考えられるが、記述されている医療知識はそれ以前1000年ほど前の間に培われたものと考えられている。

世界でも最初期の医学書で、人体解剖的研究、診断治療予後診断などが多数記されている。頭蓋縫合髄膜外部表面、脳脊髄液、頭蓋内振動(intracranial pulsation)、心臓血管と接合されていること、血管により空気が運ばれること、肝臓脾臓腎臓尿管膀胱などについての記述がある。

歴史[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]