膿胸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

膿胸(のうきょう、: pyothorax, empyema)は、胸腔内に膿性滲出液が貯留した状態。全身性の敗血症外傷などを原因とする。発熱、元気消失、胸痛などの症状を示し、一般に重篤。治療には穿胸術による膿の除去、胸腔洗浄を行い、適切な抗菌薬を投与する。また、症例に応じて対症療法を行う。

関連項目[編集]

Radiology 2706 1407 empyema progression nevit.gif

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006