クレブシエラ・ニューモニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレブシエラ・ニューモニエ
Klebsiella pneumoniae 01.png
マッコンキー寒天培地上のコロニー
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gamma Proteobacteria
: 腸内細菌目
Enterobacteriales
: 腸内細菌科
Enterobacteriaceae
: クレブシエラ属
Klebsiella
: K. ニューモニエ
K. pneumoniae
学名
Klebsiella pneumoniae
(Schroeter 1886) Trevisan 1887

クレブシエラ・ニューモニエKlebsiella pneumoniae)とは、グラム陰性桿菌で、日本では肺炎桿菌とも呼ばれる。口腔腸管における常在菌であるが、しばしば呼吸器感染症、尿路感染症などを引き起こす。弱毒菌であるが、菌交代現象を起こし、感染症を引き起こし問題となる。

学名は属名がドイツの細菌学者Edwin Klebsへの献名で、種形容語がギリシア語肺炎を意味するΠνευμονία(Pneumonia)に由来する。ラテン語風にクレブシエラ・プネウモニアエとも呼ぶ。

クレブシエラ属の基準種に指定されている。

大葉性肺炎の病態を取ることが多く、また胸部X線写真上では緊満性病変による葉間胸膜圧迫像(bulging sign)を形成することがある。治療には、第二三世代セフェム系抗生物質やニューキノロン抗菌剤が用いられる。