非定型肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

非定型肺炎(ひていけい・はいえん)とは、βラクタム系薬剤の効果がみられない肺炎のうち、結核などを除く一群のこと。

総論[編集]

肺炎の原因となる細菌は、肺炎球菌インフルエンザ菌モラクセラ肺炎桿菌ブドウ球菌など多岐に渡るが、これらにはβラクタム系薬剤が作用する。しかし原因菌のなかでも、マイコプラズマクラミジアレジオネラ百日咳Q熱コクシエラなどは、独特な生態からβラクタム系薬剤の効果が見られない。これらβラクタム系の効果がみられない肺炎を総称して「非定型肺炎」と呼ぶ。肺結核非結核性抗酸菌症は一般的な非定型肺炎の治療では治癒しないため、非定型肺炎には含まれない。
非定型肺炎の特徴としては、乾性咳嗽、症状が長期に渡る、生命予後に影響が少ない(レジオネラは例外)などがある。

各論[編集]

マイコプラズマ肺炎[編集]

マイコプラズマには細胞壁がないため、細胞壁合成阻害剤であるβラクタム系薬剤は作用しない。そのためマクロライド系抗生物質、ケトライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌剤が用いられる。

クラミジア肺炎[編集]

クラミジア(クラミドフィラ)は、細胞壁にペプチドグリカンを含まないため、βラクタム系薬剤は効果を示さない。そのため加療にはマクロライド系抗生物質、ケトライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌剤が用いられる。

レジオネラ肺炎[編集]

非定型肺炎のなかでも、激烈な症状を呈する。重症例では精神症状を呈することもある。細胞内寄生菌であり、βラクタム系、アミノグリコシド系抗菌剤は全く効果をみせないことがほとんどで、マクロライド系、ケトライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系、リファンピシンを用いることが多い。[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g1/k02_12/k02_12.html

外部リンク[編集]