クリプトコッカス症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリプトコッカス症患者のPAS染色像

クリプトコッカス症(クリプトコッカスしょう、: cryptococcosis)とはクリプトコッカス属に属する酵母様真菌の感染を原因とする人獣共通感染症ヒトイヌネコなどに感染する。主にCryptococcus neoformansによる呼吸器症状が認められる。クリプトコッカス属は空気中や土壌、植物などの環境中に広く分布する。鳥類は感染しないが保菌状態にある。[要出典]

免疫抑制状態、通常であればその免疫力によって増殖が抑えられている病原性の低い常在細菌が増殖し、その結果として病気を引き起こすことがある日和見感染症の一つとして知られている。

臨床所見[編集]

100万人につき年間2人- 9人の患者発生率で、致命率は約12%[1]。アメリカ合衆国では、患者の85%が、HIV感染者から発生している。

症状[編集]

病原体を吸い込み、肺で感染することが多いが、不顕性感染の場合もある。
鼻汁の排泄、鼻孔に肉芽腫。病原体が肺から移動し、髄膜炎、脳炎を起こす。クリプトコッカス性髄膜炎の症状は、頭痛、発熱、無気力、昏睡、人格変化、記憶障害。

診断[編集]

分泌物などの検査材料に墨汁染色を施し、莢膜を有する酵母様真菌を確認する。
組織と体液(血液、髄液)からの抗体検出。

治療[編集]

アムホテリシンBフルコナゾールなどの抗真菌剤

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 横浜市衛生研究所:クリプトコッカス症について”. 2012年10月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 高島郁夫、熊谷進 『獣公衆衛生学』 (第3版) 文永堂出版、2004年ISBN 4830031980 

外部リンク[編集]