乳び胸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乳び胸(乳糜胸-にゅうびきょう、: chylothorax)は、胸管から漏出した乳び(乳糜:腸管からの脂肪球を含むリンパ球)が胸腔内に貯留した状態。原因は先天性、外傷性、非外傷性に分類されるが、通常は原因の特定は困難。呼吸困難を示す。確定診断は滲出液の検査により行われ、中性脂肪値、コレステロール値は血清よりも高い値を示す。中性脂肪値が血清と同等あるいはそれ以下の場合は偽乳び胸(pseudchylothorax)と呼ばれる。

ヒトでの乳糜胸[編集]

胸腔穿刺により、著しく白濁した乳糜様胸水を採取し診断される。胸水中の中性脂肪は高値である。[1][2] 機序としては

1 胸管の破綻
悪性腫瘍、外傷・手術による胸管損傷、リンパ増殖性疾患によるリンパ管閉塞など。
2 長期にわたる胸水貯留による胸膜変化の結果
肺結核関節リウマチ原発性マクログロブリン血症など。

と言われている。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Light RW: PLEURAL DISEASES. Fourth Edition. 2007, 346-361.
  2. ^ Hillerdal G: chylothorax and pseudochylothorax. Eur Respir J 10: 1157-1162, 1997.
  3. ^ 日内会誌 99: 2607-2609, 2010

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006