西夏文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西夏文字
The Art of War-Tangut script.jpg
類型: 表語文字
言語: タングート語
発明者: 不明(野利仁栄?)
時期: 1036年-1500年頃
Unicode範囲: 割り当てなし(提案中 (PDF)
ISO 15924 コード: Tang
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
スティーヴン・ウートン・ブッシェル英語版によって書かれた、漢字と西夏文字37文字の辞書
「人」の意味を持つ西夏文字
「水」と「土」の意味を持つ文字(左)をそれぞれ組み合わせ、「泥」の意味の文字(右)を作る。
「つま先」(左)と「指」(右)の西夏文字。それぞれが、同じ要素を有する。

西夏文字(せいかもじ)は、西夏王朝1032年1227年)初代皇帝李元昊の時代に制定された文字

長らく未解読であったが、日本西田龍雄によってほぼ解読がなされた。

漢字と、それを作った漢族を強く意識して作成されており、中国人を表す「漢人」に当たる文字は「小偏に虫」という文字で表記される。

今昔文字鏡に登録されている。

概要[編集]

6,000文字ほどの文字数を持ち、冠や偏・旁等漢字に似た構造を持つ。基本的に一字一音節である。

漢字とは異なり象形文字起源ではないため、各構成要素がどのような起源で作られたのかは定かではなく、要素のあらわす意味が全て解明されている訳ではない。字全体での意味は判っていても、なぜその要素を使用しているのか不明の文字も多い。

契丹文字の一部の字形と近い要素も存在するが、関連は明らかにされていない。

2008年1月時点ではUnicodeには含まれないが、拡張領域である追加多言語面のU+17000 - 1810Fに追加することが提案されている。

特徴[編集]

六書で言うところの「会意」で構成されている文字が比較的多い。

例)「鉄冠」に「細い」で「針」、「木冠」に「細い」で「とげ」、等

また、(西夏人の思想で)近い概念の文字には近い字形が使用される。

例)「頭」の旁を「先」に置き換えて「始」、「頭」の偏を「顔」の偏と置き換えると「額」、等

漢字とは別のシステムで造字されているため、部首のカテゴリは漢字とは異なる。

例)「鈴」は漢字では金偏だが、西夏文字では音偏

歴史[編集]

  • 1036年(大慶元年)に公布されたとされる。皇帝が野利仁栄に命じて作らせたとされ、およそ6,000文字がほぼ一斉に公布されたと思われる。
  • 1227年(宝義二年)に西夏王朝は滅亡するが、西夏文字はその後も一部で使用されつづけた。最も新しい使用例としては、弘治十五年(1502年)の記年のある西夏文字が記された石幢がある。

画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]