李元昊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
景宗 李元昊
西夏
初代皇帝
王朝 西夏
在位期間 1038年11月10日 - 1048年1月19日
都城 興慶府
姓・諱 李元昊
趙元昊
嵬名曩霄
諡号 武烈皇帝
世祖始文本武興法建礼仁孝皇帝(『宋史』による)
廟号 景宗
生年 咸平6年5月5日
1003年6月7日
没年 天授礼法延祚11年1月2日
1048年1月19日
李徳明
衛慕氏
皇后 野利皇后
没蔵皇后
陵墓 泰陵
年号 顕道 : 1032年 - 1033年
開運 : 1034年
広運 : 1034年 - 1035年
大慶 : 1036年 - 1038年
天授礼法延祚
   : 1038年 - 1048年

李 元昊(り げんこう)は、西夏の初代皇帝廟号景宗。西平王李徳明の長男。内政・外征共に大きな成功を収め、西夏の創始者にして同王朝随一の名君である。

生涯[編集]

タングートの族長の家系の出身。若い頃から智勇に優れ、教養も豊かな人物であった。顕道元年(1032年)、父の死により西平王の地位を継ぎ、大慶3年(1038年)までにタングートの諸部族を武力によって併合したことを背景に皇帝に即位し、国号を大夏とした。からは西夏と呼ばれる。

景宗は興慶府(現在の寧夏回族自治区銀川市)を首都と定め、宋に倣った官位制度の整備・学校の創設による教育の普及・軍備増強など、国家の基盤固めに尽力した。

宋との戦いには何度となく大勝するが、同時に宋との交易を断たれたことで経済的に困窮し、最終的に天授礼法延祚7年(1044年)に「夏は宋に臣従する」「宋から夏に対して絹13万・銀5万・茶2万を歳賜として送る」などの条件で和議を結んだ。晩年には西夏文字の形成にも尽力し、西夏の文化向上に努めた。

しかし晩年は酒に溺れ、西夏を乱れさせてしまった。皇后の野利氏・太子の李寧明(寧令哥)を廃したことで、天授礼法延祚11年(1048年)に李寧明によって殺害された。享年46。

登場作品[編集]

先代:
西夏の初代皇帝
1038年 - 1048年
次代:
毅宗