野利仁栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野利仁栄(やりじんえい、?-1042年)は、西夏初代皇帝景宗、李元昊に近侍した政治家・学者であり、景宗の皇后である野利氏の一族である。正史である宋史によれば、景宗の命により、西夏語を記述する為の西夏文字を作成した。西夏文字は宋史にも「隷書に似るが楷書に近い書体で、字画数がすこぶる多い」と書かれている様に、漢字を参考にした可能性はあるが、字形は複雑である。西夏文字1036年(大慶元年)または1038年(大慶三年)に約6000文字が公布された。但し、西夏文字作成は野利仁栄の独力で行われたのではなく、原案を作成したのは野利遇乞であり仁栄は遇乞の原案を改良したのだとの見方もある(Wikipedia中文版の西夏文字では「野利遇乞創造的」と書かれている)。死後富平侯に列せられ、1162年(天盛十四年)には仁宗から広恵王の爵位を追贈された。

外部リンク[編集]