マニンカ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニンカ語
Maninka, Maninkakan, Malinke, Malinka
話される国 ギニアの旗 ギニア
マリ共和国の旗 マリ
リベリアの旗 リベリア
セネガルの旗 セネガル
シエラレオネの旗 シエラレオネ
コートジボワールの旗 コートジボワール
話者数 3,300,000
言語系統
ニジェール・コンゴ語族
表記体系 ンコ文字, ラテン文字
公的地位
公用語 ギニアの旗 ギニア
マリ共和国の旗 マリ
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 man
ISO 639-3 各種:
myq — Maninka, Forest
mku — Maninka, Konyanka
emk — Maninkaka, Eastern
mzj — Manya
テンプレートを表示

マニンカ語は、ニジェール・コンゴ語族マンデ語派マンディング諸語に属する言語の内、言語分類的に近い関係にある言語や方言の総称である。マンディンカ族の母国語であり、話者はギニアマリ共和国に約330万人いる。言語分類的に近いバンバラ語は国語である。リベリアセネガルシエラレオネコートジボワールでは公用的な言語でない。

外部リンク[編集]