バローチー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
バローチー語
بلوچی‎ [baločî]
話される国 イランの旗 イラン
パキスタンの旗 パキスタン
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
地域 バルチスタン
話者数 約700万人(1998年、Ethonlogueによる)
言語系統
表記体系 アラビア文字
公的地位
公用語 バローチスターン州
スィースターン・バルーチェスターン州
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 bal
ISO 639-3 balマクロランゲージ
個別コード:
bgp — 東バローチー語
bgn — 西バローチー語
bcc — 南バローチー語
テンプレートを表示

バローチー語(-ご)は、主にイランパキスタンなどにまたがるバローチスタン地方においてバローチ人英語版によって話される言語バローチ語バルーチ語バルーチー語とも表現される。言語学的にはインド・ヨーロッパ語族イラン語派の中の、北西語群に属する。基本文型はSOV型

系統[編集]

インド・ヨーロッパ語族イラン語派の中の、北西語群に属する。使用地域はイランの南東部であるが、言語学的性質を考慮した分類ではペルシャ語クルド語と同じ西イラン語群英語版である。

言語の音韻構造が、通時的観点から見て非常に保守的なことで知られている。

使用地域・社会的状況[編集]

現代イラン系諸語の話者の地理的分布。黄色で塗られた地域がバローチー語の主な使用域

大多数の話者は、イラン南東部のスィースターン・バルーチェスターン州、パキスタン南西部のバローチスターン州や南東部のシンド州の西域、そしてアフガニスタン南西部のニームルーズ州などにまたがるバローチスタン地方で生活している。イランには約150万人、パキスタンには約500万人、アフガニスタンには80万人ほどの話者がいる。しかし、近年この地域での人口爆発により、現在の正確な話者数の推定は難しい。なお、彼らはどの国においても少数民族であり、たとえばパキスタンでは全人口のうちの5%程度である。

ほかにはイラン北東部・トルクメニスタンオマーンUAEインドなどでそれぞれ数千~10万人ほどの話者が小規模のコミュニティーをなして生活している。

どの国でも、国家全体の公用語、あるいは国語としては指定されていない。しかし、パキスタンでは「地方語」として指定されている。そのほか、アフガニスタンでは「国家語」として指定され、公共放送で他言語とともに使用されたり、この言語による新聞が出回ったりしている。

なお、バローチー語が文語(文章語)として記されるようになったのは19世紀になってからであって文語の歴史は浅く、口承文学以外のものはまだ発達していない。さらに、方言差も激しいこともあって標準語がいまだ確立されておらず、正書法も確立されていない。

方言[編集]

バローチー語の方言は多種多様であるが、おおまかに東西の2つの方言群に分けられる。

  • 東バローチー語(方言群) - スライマーニー語 (Sulaymani)、あるいは北バローチー語とも称される。
  • 西バローチー語(方言群) - マクラーニー語 (Makrani)、あるいは南バローチー語とも称される。

それぞれがさらに多くの方言群に分かれている。

文字[編集]

アラビア文字を用いる。また、バローチー語にあってアラビア語にない発音を表すために、アラビア文字の中から一部の字母を改良して新たな字母として加えているものがある。この拡張された一連のアラビア文字をペルシア文字と称することがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「バローチー語」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア