バルチスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルチスタン(桃色)

バルチスタン(Baluchistan)とは、現パキスタンの西南(バローチスターン州)、イラン東南(スィースターン・バルーチェスターン州)、アフガニスタン南部にまたがる地方。

名称[編集]

明治時代には漢字で俾路芝[1]、卑路芝[2]と表記された。

地理[編集]

アラビア海に面するマクラーン海岸英語版には、パキスタンにはグワーダルグワーダル港英語版)があり、イラン側にはチャーバハール英語版チャーバハール港英語版)がある。ゲドロシア英語版砂漠を擁する。

歴史[編集]

有史前[編集]

新石器時代紀元前7000年-紀元前2500年)のメヘルガル遺跡が知られている。バルチスタンはインダス文明を担ったとされるバローチ人英語版ブラフイ人英語版が住んでいた。

クッリー文化英語版紀元前2500年-紀元前2000年)は、ゲドロシア英語版にあり、メヘルガル遺跡とはボーラーン峠英語版の反対側に位置している。クッリー文化と同時代には西にジーロフト文化英語版などが知られている。クッリー文化やジーロフト文化とインダス文明やエラムとの関係は未解明である。

古代[編集]

紀元前530年頃、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世によってゲドロシア英語版属州(サトラップ)が置かれた。

3世紀頃、マハーバーラタによればインド・スキタイ王国パラタラジャス英語版[3]があった。

イスラーム到来[編集]

7世紀にはウマイヤ朝、8世紀にはアッバース朝アラブ人の支配下に置かれていた。

13世紀にはモンゴル人の治世下になるイルハン国、15世紀にはチムール帝国の版図に入った。1486年、バローチ人のミール・チャカール・リンド英語版リンド部族英語版の族長となると、ラシャリ部族英語版との30年戦争で勝利した。さらにミール・チャカールはアフガニスタンやパンジャブ地方へも侵攻し勝利した。

カラート藩王国[編集]

1638年にカラート藩王国英語版1666年 - 1955年)が成立したが、ペルシャアフガニスタンからの影響が大きく、アフシャール朝ナーディル・シャーがカラートの部族連合軍に勝利し、カルホラ英語版の領土を奪われた。その後、半独立の状態が長く続いたが、1758年に再び独立を確保する。

イギリス保護領バルチスタン[編集]

1840年にイギリス軍が侵攻。1854年に条約を結び、イギリス保護領バルチスタンカタロニア語版となった。このあたりはイギリスによるインドの統治が進むにつれて、本国とインドの間の電信線を敷くためには不可欠な地方となり、ガージャール朝ペルシャのナーセロッディーン・シャーロイター男爵が相談して行なわれた「ロイター利権英語版」(: Reuter Concession)の供与と連動して、イギリスはバルチスタンを4つの藩王国(カラート藩王国英語版ハラーン藩王国英語版ラス・ベラ藩王国英語版マクラーン藩王国英語版)に分割し、バルチスタン首席弁務官領英語版を設置した。

バルチスタン紛争[編集]

1947年にイギリスのインド統治が終了すると、「もともとインドの一部ではないので」インドやパキスタンには参加せず、イギリスやパキスタンもカラート藩王国の独立を認めた上で、パキスタンとは特別の関係を結ぶことを模索し、1952年にバルチスタン藩王国連合英語版として独立させ、議会や内閣を設置。

パキスタンの軍事的圧迫(バルチスタン紛争英語版)に抗すことができず藩王は併合条約に調印し、パキスタンに軍事併合された。その後もしばらく内政自治は続いていたが権限は大幅に縮小され、1955年には藩王国自体が名目上も消滅させられた。

バルチスタン併合後[編集]

バルチスタンはパキスタン国土の4割を占めるが人口は5%に過ぎず[4]石炭天然ガスクロムなど豊富な資源があるバルチスタンから富を収奪しているという意識がバローチ人にある。

バルチスタンの民族主義(これは多くのブラフイ人英語版も参加する)はパキスタンの共産主義運動と結びついており(en:Baloch nationalism)、バルチスタンのen:Ataullah Mengalは旧ソ連と関係があった(バローチスターン解放軍英語版)。

1973年en:1970s Operation in Balochistan1973年 - 1978年)。

1980年イラン・イラク戦争1980年 - 1980年)ではイラクを支援した。

1998年5月28日5月30日パキスタンナワーズ・シャリーフ首相兼国防大臣が初の核実験バローチスターン州チャガイ地区英語版Ras Koh丘陵英語版地下核実験施設で成功させた。

9・11テロ以後[編集]

2004年en:Drone attacks in Pakistan

2013年バローチスターン解放軍英語版によるen:2013 Quaid-e-Azam Residency attack

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近八郎右衛門編 『明治改正大日本国名尽・世界国名尽』、1886年、金沢・近八郎右衛門
  2. ^ 鈴木熊次郎編 『新案世界地図 教科適用』、1900年、東京・いろは書房、文陽堂
  3. ^ 王朝名については、イラン系のPārthava、ギリシャ系のParthians、インド系のen:Parada Kingdomとの関連が指摘されている。"New Light on the Pāratarājas" p.11
  4. ^ 【巨竜むさぼる 中国式「資源」獲得術】第3部 真珠の首飾り(1)”. 産経新聞 (2010年4月2日). 2010年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]