イラン語群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン語群
話される国 西南アジアおよび中央アジア
話者数
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 ira
ISO 639-3
ModernIranianlanguagesMap.jpg

現代イラン系諸語の地理的分布: ペルシャ語 (緑色)、パシュトー語 (紫色)、バローチー語 (黄色)、クルド語 (空色)、ほかイラン系諸語 (ユーザー作成地図)

テンプレートを表示

イラン語群(イランごぐん)はインド・ヨーロッパ語族(印欧語族)のサテム語派に属するインド・イラン語派の一分派である。

20世紀末時点でイラン語群の人口は9千万人を超えているとみられる。[1]ある調査では祭祀言語としてのみ存続するアヴェスタ語のほか86の言語を数えているが、このうち十数語は隣接言語と近似し個別の人口集計がない。最大集団はペルシャ語で使用人口は約3,800万人、これにパシュトゥ語(約2,000万人)、クルド語(約1,700万人)、バローチー語(約700万人)が続く。

名称[編集]

「イラン」という支族名は主要言語であるペルシャ語が古代以来イラン高原で話されてきたことに由来する。言語学的分類における「イラン語」はイラン国家とは何の関係もない。イラン国内の言語はCategory:イランの言語を参照。

古代イラン語群[編集]

紀元前100年頃の勢力図: サルマティアバクトリアスキタイパルティア

インド・イラン語派の発祥の地は中央アジアであるらしい。カスピ海東岸からバイカル湖地方にかけて分布した紀元前2000年頃のアンドロノヴォ文化がインド・イラン文化共通の祖であるとする説が浮上している。

イラン語群はインド・イラン語派の他の言語ともどもインド・イラン祖語英語版から以下の4語派の祖語に分化したとされる。

インド・イラン祖語の分裂後、イラン祖語英語版が存在したが、紀元前2千年紀の初期にイラン系民族が南東ヨーロッパからイラン高原や中央アジアまでの広大な地域に移住しはじめると、イラン祖語も分裂してそれぞれ独自の発達を遂げはじめた。

言語学では古代イラン語群を東西2大支族とその下位集団に分類している。

中期イラン語[編集]

イランの言語史における「中期イラン語」の時代は紀元前4世紀にはじまり、9世紀に終了したと考えられている。地理的に東イラン語群と西イラン語群に分類されるのはこれまでと同じである。

東イラン語群の諸言語は相互の違いが大きい。東イラン語群の言語は古代イラン語群の特徴をよく残していた。これらはアケメネス朝アラム文字で表記された。

西イラン語群の2言語は言語学的にきわめて近い関係にある。中期ペルシア語とパフラヴィー語はサーサーン朝の公用語であり、3世紀から10世紀初頭にかけて使用された。パフラヴィー語はマニ教が使用した言語であり、その経典はわずかながら残存している。アラム宮廷書体はこの時代に長足の進歩を遂げた。

アラブ征服後のイラン語群[編集]

濃緑色: イラン系言語が公用語の国。青緑色: 準公用語または事実上これに匹敵する地域

イラン内外ではイスラム征服以後ペルシア語方言の地位が大きく変わった。アラブ征服時代以降、イラン・中央アジアではウマイヤ朝アッバース朝といったイスラム帝国の支配下になったことで旧サーサーン朝のペルシア人たちやソグド人たちがムスリム化し、さらに政治的な主要言語がアラビア語になったことで、7世紀半ばから在来のイラン系サーサーン朝の言語である中期ペルシア語(パフラヴィー語)やさらにソグド人ソグド語などの中期イラン諸語による著述活動が絶無の状態に陥った。この状態はサーマーン朝が勃興する9世紀後半まで続き、これをペルシア語文学史上では「沈黙の2世紀」と呼ばれている。

権威ある文体を特徴としたパフラヴィー語と呼ばれる中期ペルシア語に代わり、かつて一方言であったダリー語が宮廷の公用語となった。「ダリー」という名称は「門扉」を意味する「ダル」 dar に由来するが、この「ダル」とは宮廷を意味する『ダルバール』 (دربار) と意味を同じくし、「宮廷語」ほどの意味になる。9世紀にアッバース朝カリフマアムーンのクーデターを支援したことでホラーサーンを拠点としたサーマーン朝マーワラーアンナフルまで支配地域を広げた。かつてソグディアナの中心地であったサマルカンドサーマーン・フダーの孫たちのうち、ヌーフ1世以来サーマーン朝の宮廷が営まれ、ここにアラビア文字とアラビア語彙を多数用いた「近世ペルシア語」が成立し、文芸復興が行われた。この宮廷には詩人・要人・文学のパトロンが文化を花咲かせた(ペルシャ文学参照)。特にマンスール1世英語版(マンスール・ブン・ヌーフ、在位961年 - 976年)の時代に、タバリーの『大タフスィール』や、同じく宰相バルアミー英語版らによる『諸使徒と諸王の歴史』のペルシア語訳が編纂され、ルーダキーダキーキー英語版などに代表される最初期のペルシア語詩がそれである。875年の「ダリー語」の公用語化はサッファール朝を特徴づける出来事である。8世紀の『カリーラとディムナ』(Kalīlah wa Dimnah)の訳者イブン・ムカッファ10世紀イブン・ナディームなど中世イランの学者がイスファハーンからアゼルバイジャンアゼルバイジャン語参照)に至る北西地方の方言を記述するさい「パフラヴィー」という名称を用い、東部ホラーサーン地方の方言を「ダリー」という名称に関連づけていることから、「パフラヴィー語」は西部地域の方言を基にしており、対照的に「ダリー語」は東部地域の方言の影響が強かったらしい。なお「ファールスィー」、「パールスィー」(ペルシャ語)はファールス地方の方言をさしている。この新しい公用語は現代標準ペルシャ語の祖形となった。王朝固有の言語はフーゼスターンの方言であると記述されている。

イスラム征服の副産物にはアラビア文字のペルシャ語表記への使用がある。そのさいペルシャ語の音素にあわせて数文字が追加された。これはおそらく8世紀後半のことで、以後中世アラム文字は次第に使われなくなった。アラビア文字は現代ペルシャ語でも使われている。タジク語はその後ソヴィエトの国家政策により1920年代にはラテン文字が使われ、1930年代になるとソ連邦中央アジアの政府計画によりキリル文字が使われた。

イラン語群の諸言語が話される地域は異言語社会の侵入を受けてきた。イラン西部のフーゼスタンの一部ではアラビア語が話されるようになり、現在トルクメニスタンウズベキスタンタジキスタンがある中央アジアの広域で従来のソグド語バクトリア語にかわりトルコ系諸語が普及した。アゼルバイジャンでもペルシャ系言語に代わりトルコ系言語がつかわれるようになった。

イラン語群の分類[編集]

イラン語群は東西の支族に分類される。

イラン語群諸語の比較表[編集]

英語 ザザキ語 クルド語 パシュトー語 バルーチー語 マーザンダラーン語 ペルシア語 中世ペルシア語 パルチア語 古代ペルシア語 アヴェスター語
beautiful rind rind/delal/cûwan shysta, khkulay sharr, soherâ ṣəmxâl/ Xəş-nəmâ zibâ/ xuš-chehreh hučihr, hužihr hužihr naiba vahu-, srîra
blood goni xwîn wina hon xun xūn xōn xōn vohuni
bread nan nan dodəy, roṭəy (from Indic) nân, nagan nûn nân nân nân
bring ârdena anîn/hênan rāwṛə âvardan biyârden âvardan âwurdan, āwāy-, āwar-, bar- āwāy-, āwar-, bar- bara- bara, bar-
brother birâ bira wrore barādar birâr barādar brād, brâdar brād, brādar brâtar brâtar-
come amaena hatin rāsa áhag, âmadan Biyamona, enen âmadan âmadan, awar awar, čām ây-, âgam âgam-
cry bermayish girîn zhāṛə, jāṛə taukh bərmə/ qâ geristan griy-, bram-
dark târî tarî thārika, tiārə thár siyo târîk târīg/k târīg, târēn sâmahe, sâma
daughter kena keç/kîj/kenîşk/dot lūr mind kijâ/ dether doxtar duxtar duxt, duxtar duxδar
day roc roj wraż, wraz roshe rez/ reoj rûz rōz raucah-
do kerdena kirin/kirdin kawə khandagh hâkerden kardan kardan kartan kạrta- kәrәta-
door ber derge/derî durwaza gelo bəli dar dar dar, bar duvara- dvara-
die merdena mirin mṛə, məṛedəl mireg mərnen murdan murdan mạriya- mar-
donkey her ker xar her xar xar xar
egg hak hêk aggəy, haggəy heyg merqâna toxm toxmag, xâyag taoxmag, xâyag taoxma-
earth êrd (Arabic) herd/erd (Arabic) mzəka, zməka zemin zemi zamin zamīg zamīg zam- zãm, zam, zem
evening shund êvar/êware māṣhām, mākhām māṣhām, mākhām nəmâşun begáh sarshab êbêrag
eye chım çav stərga ch.hem, chem bəj, Çəş chashm chašm chašm čaša- čašman-
father pi bav/bawk plār pyt, abbâ piyer pedar pidar pid pitar pitar
fear ters tirs bera, wera terseg təşəpaş tars tars tars tạrsa- tares-
fiancé washte dezgîran, destgirtî numzād nām zād xasgar nâm-zad - -
fine wesh xweş/baş ṣha, kha hosh xosh dârmag srîra
finger gisht til/qamik gūṭa, gwəṭa lenkwk, mordâneg angoos angošt angust dišti-
fire âdır agir ore âch, âs tesh âtaš, âzar âdur, âtaxsh ādur âç- âtre-/aêsma-
fish mâse masî māhī, kab mâhi masi mâhi mâhig mâsyâg masyô, masya
food / eat werdena xwarin xorâk, khwāṛa warag, vereg / xəynen xorâk / xordan parwarz / xwâr, xwardīg parwarz / xwâr hareθra / ad-, at-
go shiyaena çûn ża, za jwzzegh shunen / burden raftan raftan, shudan ay- ai- ay-, fra-vaz
god homâ xwedê khudie hwdâ homa, xəda khodâ bay, abragar baga- baya-
good hol baş, çak ṣha, kha jawáin, šarr xâr xub / nîuū xūb, nêkog vahu- vohu, vaŋhu-
grass vash giya, riwek, şênkatî wāsha, wākha rem sabzeh, giyâh giyâ dâlūg urvarâ
great gırd / pil gir, mezin, gewre dair sha, stər mastar gat, belang, pila bozorg wuzurg, pīl vazạrka- uta-, avañt
hand dest dest/lep lāss dast dess dast dast dast dasta- zasta-
head ser ser sar saghar kalə sar, kalleh sar
heart zerri dil zṛə dil, hatyr dil del dil dil aηhuš
horse estoar hesp āss asp istar asp, astar asp, stōr asp, stōr aspa aspa-
house ke(ye) mal core log səre xâneh xânag demâna-, nmâna-
hunger vêyshan birçîtî/birsiyetî lwaẓha, lwaga shudhagh veyshna gorosnegi gursag, shuy
language ziwan / zun ziman zhəba, jəba zevân ziwân zabân zuwân izβân hazâna- hizvâ-
laugh huyaena kenîn khanda khendegh, hendeg xandidan xandīdan karta Syaoθnâvareza-
life jewiyaena jiyan/jîn zhwund, zwund, jwund zendegih zendegi zīndagīh, zīwišnīh žīwahr, žīw- gaêm, gaya-
man merd mêr/piyaw saṛay merd merd mard mard mard martiya- mašîm, mašya
moon ashmê heyv/mang spozməy, spogməy máh mithra mâh māh māh mâh- måŋha-
mother mae dayik more mât, mâs mâr mâdar mādar mādar mâtar mâtar-
mouth fek dev/dem khula daf dahân dahân, rumb åŋhânô, âh, åñh
name nâme nav nume num num nâm nâm nâman nãman
night shewe şev shipa shaw, šap sheow shab shab xšap- xšap-
open rakerdena vekirin khalass božagh vâ-hekârden bâz-kardan abâz-kardan būxtaka- būxta-
peace kotpy aştî rogha ârâm âshti, ârâmeš, ârâmî âštih, râmīšn râm, râmīšn šiyâti- râma-
pig xoz beraz khoog xug xi xūk xūk varâza (wild pig)
place ja cih/şûn żāi, zāi hend jâh/gâh gâh gâh gâθu- gâtu-, gâtav-
read wendena xwendin lwastəl wánagh baxinden xândan xwândan
say vatena gotin/wutin wāyə gushagh baotena goftan, gap(-zadan) guftan, gōw-, wâxtan gōw- gaub- mrû-
sister wae xweşk xore gwhâr xâxer xâhar/xwâhar xwahar
small qıch piçûk kushnay lekem pətik, bechuk, perushk kuchak, kam, xurd, rîz kam, rangas kam kamna- kamna-
son qıj kur zui pisar, phusagh pisser pesar, pûr, baça pur, pusar puhr puça pūθra-
soul giyan rūh (Arabic), sā rūh (Arabic) ravân rūwân, gyân rūwân, gyân urvan-
spring wusar bihar pusarlay wehâr bahâr wahâr vâhara- θūravâhara-
tall berz bilind/berz jug bwrz boland / bârez buland, borz bârež barez-
three hire dre se se se hrē çi- θri-
village dew gund, dê kəlai helk deh deh, wis wiž dahyu- vîs-, dahyu-
want wastena xwestin/wîstin ghwāṛə lotagh bexanen xâstan xwâstan
water awe av oba âf ab âb/aw âb âb âpi avô-
when key kengê kəla ked kay kay ka čim-
wind va ba bād gwáth bâd wâd vâta-
wolf verg gur shermush gurkh varg gorg gurg varka- vehrka
woman jeniye jin/afret ṣhəża, khəza jan zhənya zan zan žan hâīrīšī-, nâirikâ-
year serre sal kāl sâl sâl sâl θard ýâre, sarәd
yes / no ya / ne erê / na wo / ya, āw / na ere / na hâ (âre) / na hâ / ney hâ / ney yâ / nay, mâ yâ / noit, mâ
yesterday vizêr duh/dwênê pərun direz diruz dêrûž

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ Gordon, Raymond G., Jr. (ed.) (2005). “Report for Iranian languages”. Ethnologue: Languages of the World (Dallas: SIL International). http://www.ethnologue.com/show_family.asp?subid=90019.