オセット語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オセット語
Ирон ӕвзаг
Iron ævzag
話される国 ロシアの旗 ロシア
グルジアの旗 グルジア
地域 中央アジア
民族 オセット人
話者数 577,450人[1]
言語系統
表記体系 キリル文字
公的地位
公用語 北オセチア共和国の旗 北オセチア
南オセチアの旗 南オセチア
言語コード
ISO 639-1 os
ISO 639-2 oss
ISO 639-3 oss
消滅危険度評価
脆弱 (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示
コーカサス地域の言語分布図

オセット語(オセットご、オセット語: ирон æвзаг, ラテン文字転写: iron ævzag英語: Ossetic languageロシア語: Осетинский язык)は、ロシア連邦に属する北オセチア・アラニア共和国、ならびにグルジアに属する南オセチア自治州で話されている言語である。話者の数は約60万人。インド・ヨーロッパ語族イラン語派に属する。オセチア語英語: Ossetian language[2])とも呼ばれる。

北部のイロン(Iron, Ирон)方言と西部のディゴル(Digor, Дигор)方言の二つの方言に大別される。

1923年ラテン文字をもとにした正書法がつくられた。1938年より、北オセチアではキリル文字を用いた表記に改められた。南オセチアでは1938年にグルジア文字による表記に改められたが、1954年以後、キリル文字が用いられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]