オリヤー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヤー語
ଓଡ଼ିଆ
発音 IPA: [oṛiā]
話される国 インドの旗 インド
地域 南アジア
話者数 3200万人
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 オリヤー文字
公的地位
公用語 インドの旗 インドオリッサ州
言語コード
ISO 639-1 or
ISO 639-2 ori
ISO 639-3 oriマクロランゲージ
個別コード:
ory — オリヤー語
spv — サンバルプーリー語
オリヤー語が話されている国
テンプレートを表示
Oriyaspeakers.png

オリヤー語ଓଡ଼ିଆ oṛiā)はインド公用語の一つで、東インドのオリッサ州公用語インド・ヨーロッパ語族インド語派東部語群に属し、ベンガル語アッサム語などと近い関係にある。西ベンガル州にも話者が相当数いる。西インドグジャラート州の都市スーラトではオリッサ州からの労働者の増加によりインドで二番目にオリヤー語話者の多い町になった。インド憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。

オリヤー語には13世紀までさかのぼる豊かな文学遺産がある。 14世紀に生き有名なヒンドゥー教の僧であったサララ・ダサは『マハーバーラタ』をオリヤー語に翻訳した。 この言語は『マハーバーラタ』、『ラーマーヤナ』のような古典サンスクリットテキストをオリヤー語に翻訳プロセスを通してサンスクリットからの翻訳方法を初めに標準化した。

オリヤー語の語彙は伝統的にヒンドゥー教、ジャイナ教の影響を受けている。また詩の強い伝統、特に祈祷の詩のものが多い。

言語名別称[編集]

  • Odisha
  • Odri
  • Odrum
  • Oliya
  • Uriya
  • Utkali
  • Vadiya
  • Yudhia
  • オディア語(Odia)[1][2] 日本語名称はオリア語?[3]

表記[編集]

表記にはブラーフミー文字から派生したオリヤー文字を使用し、単語ごとに分かち書きをする。文末は一本の線のようなものを書く。

母音字

a ā i ī u ū r̥̄ l̥̄ e ai o au
[ɔ] [aː] [i] [iː] [u] [uː] [ru] [ruː] [lu] [luː] [eː] [ɔi̯] [ɔ] [ɔu̯]

子音字

ଡ଼ ଢ଼
ka kha ga gha ṅa ca cha ja jha ña ṭa ṭha ḍa ḍha ṛa ṛha ṇa ta tha da dha na pa pha ba va bha ma ya ẏa ra ḷa la va śa ṣa sa ha
[kɔ] [kʰɔ] [ɡɔ] [ɡʱɔ] [ŋɔ] [tʃɔ] [tʃʰɔ] [dʒɔ] [dʒʱɔ] [ɲɔ] [ʈɔ] [ʈʱɔ] [ɖɔ] [ɖʱɔ] [ɽɔ] [ɽʱɔ] [ɳɔ] [t̪ɔ] [t̪ʰɔ] [d̪ɔ] [d̪ʱɔ] [nɔ] [pɔ] [pʰɔ] [bɔ] [bʱɔ] [mɔ] [dʒɔ] [jɔ] [rɔ] [ɭɔ] [lɔ] [wɔ] [sɔ] [sɔ] [sɔ] [hɔ]

発音[編集]

オリヤー語には28の子音があり、6の母音がある。

母音
  前舌母音 後舌母音
狭母音 [i] [u]
半狭母音 [e] [o]
広母音 [a] [ɔ]
子音
  両唇音 歯音 歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
無声破裂音 [p]
[pʰ]
[t̪]
[t̪ʰ]
  [ʈ]
[ʈʰ]
[ʧ]
[ʧʰ]
[k]
[kʰ]
 
有声破裂音 [b]
[bʰ]
[d̪]
[d̪ʰ]
  [ɖ]
[ɖʰ]
[ʤ]
[ʤʰ]
[ɡ]
[ɡʰ]
 
無声摩擦音     [s]       [h]
鼻音 [m]   [n] [ɳ]      
側面音     [l], [r] [ɭ]      

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Mixed views emerge as Orissa becomes Odisha”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/orissa-to-odisha-negotiable-instruments-act/1/158874.html 2011年11月10日閲覧。 
  2. ^ Current Trends in Linguistics Thomas Albert Sebeok- 1976 Volume 14 - Page 135 "Oriya teaching material The Practical hand-book of the Uriya or Odiya language by T. J. Maltby (1874) is a very important landmark in the publication of Oriya grammar (with text) after Sutton's Introduction to Oriya published almost a generation ..."
  3. ^ http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]