インドの言語の話者数一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドの言語の話者数一覧 は、インドにおいて1,000万人以上の話者が存在する言語について、それぞれの言語の話者数を示したものである。英語インドの言語ではないが、第二言語として、5,000万人から最大で2億5,000万人の範囲のインドの人々によって話されている。以下に示す数字の出典はエスノローグ(Ethnologue)データベースである。また以下の一覧においては、当該言語を母語とする話者数を示している。

インドで話されている大部分の言語は、インド・ヨーロッパ語族 (約 74 %)か、ドラヴィダ語族 (約 24 %)、または、オーストロ・アジア語族 (ムンダ語派) (約 1.2 %)、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派) (約 0.6 %) のいずれかに属するが、これら以外に、帰属がいまだ明らかでない、いくつかのヒマラヤ諸語が存在する。大英帝国の統治下で導入された英語は、インドの特定の民族と結びつきのないリンガフランカ(Lingua Franca)として重要な役割を担っている。

公式統計によると、インドで母語として話される言語は(方言を含め)1683あり、そのうち850言語が日常の社会生活で使用されている。エスノローグでは、インドについて、387の現存言語を扱っている。

インドにおける話者数順位[編集]

ドラヴィダ語族)以外は全てインド・ヨーロッパ語族

  1. ヒンディー語: 1億8,000万人
  2. テルグ語: 7,000万人 (ドラヴィダ語族)
  3. ベンガル語: 6,700万人
  4. タミル語: 6,600万人 (ドラヴィダ語族)
  5. マラーティー語: 6,500万人
  6. ウルドゥー語: 4,600万人
  7. グジャラート語: 4,300万人
  8. カンナダ語: 3,500万人 (ドラヴィダ語族)
  9. マラヤラム語: 3,400万人 (ドラヴィダ語族)
  10. オリヤー語: 3,000万人
  11. パンジャーブ語: 2,600万人
  12. ボージュプリー語: 2,300万人
  13. マイティリー語: 2,200万人
  14. アワディー語: 2,000万人
  15. アッサム語: 1,500万人
  16. ハリヤーンウィー語: 1,300万人
  17. マルワーリー語: 1,200万人
  18. チャッティースガリー語: 1,100万人
  19. マガヒー語: 1,100万人
  20. ダッキニー語: 1,100万人

その他の重要な言語[編集]

言語政策(状態)[編集]

エスノローグより、インドにおける言語状態別の分類(政策機関的なもののみ)

国語[編集]

地方言語[編集]

Wider communication[編集]

教育言語[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]