ネパール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネパール語
नेपाली भाषा
話される国 ネパールの旗 ネパール
インドの旗 インド
ブータンの旗 ブータン
地域 南アジア
話者数 1,600万人
言語系統
表記体系 デーヴァナーガリー
公的地位
公用語 ネパールインドシッキム州
統制機関 ネパール・アカデミー(नेपाल प्रज्ञा-प्रिष्ठान, Nepal Academy)
言語コード
ISO 639-1 ne
ISO 639-2 nep
ISO 639-3 nepマクロランゲージ
個別コード:
npi — ネパール語
dty — Dotyali
テンプレートを表示

ネパール語: Nepali)は、ネパールブータンインドシッキム州ミャンマーの一部で話されるインド語派言語である。ネパール及びインドのシッキム州の公用語である。ネパール人口の約半数が母語とし、その他のネパール人は第二言語とするものが多い。またインドでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。

ネパール語は東部ネパールからインドのウッタラーンチャル州及びヒマーチャル・プラデーシュ州までの、ヒマラヤ山地の低層地にて話されているパハール語群の最東部の言語である。また特にネワール語(ネパール・バサ語)などのチベット・ビルマ語派のいくつかの言語との共通の単語も多く、チベット・ビルマ諸語の影響も受けている。

ネパール語はヒンディー語ウルドゥー語とも近いが、保守的でありペルシャ語英語からの借用語は比較的少なく、サンスクリット起源の単語が多い。

言語名別称[編集]

かつてネパール語はネパール語で「カスクラ(Khaskura)」と呼ばれていた。ゴルカ地方の言葉という意味で「ゴルカリ(Gorkhali)」という場合もある。

  • カスクラ(Khaskura)
  • ゴルカリ(Gorkhali)
  • ネパーリー語
  • Eastern Pahadi
  • Gurkhali
  • Nepalese
  • Parbate
  • Lhotshammikha
  • Eastern Pahari
  • Parbatiya

方言[編集]

  • Darjula (nep-dar)
  • Soradi (nep-sor)
  • Nepali (nep-nep)
  • Gorkhali (nep-gor)
  • Baitadi (nep-bai)
  • Palpa (nep-pal)
  • Bajurali (nep-bal)
  • Acchami (nep-acc)
  • Bajhangi (nep-bah)

文字[編集]

ネパール語はデーヴァナーガリーで書かれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]