IAST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IASTInternational Alphabet of Sanskrit Transliteration)はインド系文字ローマ字転写方式の一つ。

概要[編集]

可逆性があるため人気があり、特にサンスクリットおよびパーリ語でよく使われる。ユニコードフォントが手に入りやすくなったことで電子文書での使用が拡大している。

この方式は1912年アテネでの東洋学者会議で確立された基準に基づく。音韻表記であり、例えばサンスクリットの語末のrとsの異音であるヴィサルガーと表す。

対応表[編集]

以下にサンスクリットにおけるデーヴァナーガリーおよび国際音声記号との対応関係を記した。

 [ə]
a  A
 [ɑː]
ā  Ā
 [i]
i  I
 [iː]
ī  Ī
 [u]
u  U
 [uː]
ū  Ū
 [ɹ̩]
ṛ  Ṛ
 [ɹ̩ː]
ṝ  Ṝ
 [l̩]
ḷ  Ḷ
 [l̩ː]
ḹ  Ḹ
母音


 [eː]
e  E
 [aːi]
ai  Ai
 [oː]
o  O
 [aːu]
au  Au
二重母音


अं [ⁿ]
ṃ  Ṃ
アヌスヴァーラ
अः [h]
ḥ  Ḥ
ヴィサルガー


軟口蓋音 硬口蓋音 そり舌音 歯音 唇音
 [k]
k  K
 [c]
c  C
 [ʈ]
ṭ  Ṭ
 [t̪]
t  T
 [p]
p  P
無声破裂音
 [kʰ]
kh  Kh
 [cʰ]
ch  Ch
 [ʈʰ]
ṭh  Ṭh
 [t̪ʰ]
th  Th
 [pʰ]
ph  Ph
有気無声破裂音
 [g]
g  G
 [ɟ]
j  J
 [ɖ]
ḍ  Ḍ
 [d̪]
d  D
 [b]
b  B
有声破裂音
 [gʰ]
gh  Gh
 [ɟʰ]
jh  Jh
 [ɖʰ]
ḍh  Ḍh
 [d̪ʰ]
dh  Dh
 [bʰ]
bh  Bh
有気有声破裂音
 [ŋ]
ṅ  Ṅ
 [ɲ]
ñ  Ñ
 [ɳ]
ṇ  Ṇ
 [n]
n  N
 [m]
m  M
鼻音
   [j]
y  Y
 [r]
r  R
 [l]
l  L
 [ʋ]
v  V
半母音
   [ɕ]
ś  Ś
 [ʂ]
ṣ  Ṣ
 [s]
s  S
  歯擦音
 [ɦ]
h  H
        有声摩擦音

関連項目[編集]