ヴィサルガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィサルガविसर्ग visarga, ウィサルガ)はサンスクリットで「前に送る、開放」を意味する語で、サンスクリット音韻学シクサー)ではヴィサルガ(初期の音韻学ではヴィサルジャニーヤ visarjanīyaとも)は音節末の[h](デーヴァナーガリー:ः、IAST:京都・ハーバード方式:H)の音である。

ヴィサルガは音節末の/r/および/s/の異音である。/-s/は単数主格、二人称単数その他、よく現れる語末であるため、ヴィサルガはサンスクリット文章の中によく現れる。サンスクリット音声の伝統的規則ではヴィサルガはアヌスヴァーラと共に母音破裂音の間に現れる。

ヴェーダ語文章におけるヴィサルガの正しい発音は派(シャーカー)によって異なる。中にはaḥ[ɐhᵄ]iḥ[ihⁱ]といったように前の母音が摩擦音の後にわずかに響くものもある。

本居のヴィサルガ

本居宣長は「漢字三音考」で特別な片仮名で指した。 [1]