ネパールの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
राष्ट्रिय गान
rāṣṭriya gān

国歌の対象
ネパールの旗 ネパール

別名 सयौं थुँगा फूलका हामी
(幾百という花からなる我々)
作詞 ビャクール・マイラ2006年
作曲 アンバル・グルン2007年
採用時期 2007年
テンプレートを表示

ネパール国歌は「国歌」(राष्ट्रिय गान (IAST: rāṣṭriya gān))と呼ばれる。2006年に廃止された旧国歌に代わり、2007年に新しく制定された。作詞詩人であるビャクール・マイラ (ब्याकुल माइला、本名プラディープクマール・ライ(प्रदीपकुमार राई))。作曲アンバル・グルン(अम्बर गुरुङ्ग)。

ネパールでは、歌の題名の代わりに歌詞の出だしの数語を呼びならわす習慣から[1]Sayaun Thunga Phulka Hamiसयौं थुँगा फूलका हामी)あるいはSayaun Thunga Phulkaसयौं थुँगा फूलका)などとも呼ばれる。

新国歌制定の経緯[編集]

2006年5月19日、ネパール下院の満場一致で旧国歌の使用を停止した後、11月30日に国歌選択作業団が、国を超えて応募された1272の作品の中から、詩人のビャクール・マイラが制作した詞を選出。内閣は2007年4月20日これを国歌の歌詞として正式に採用した[2]。同年8月3日、内閣はアンバル・グルン(3曲)、ネパール警察および国軍(各1曲)、作曲家ニュー・バジュラチャールヤ(1曲)が作曲した6曲の候補の中からグルンによる曲のひとつを採用し国歌として制定、国家開発委員会の会議場にて発表した[3][4]

新国歌は簡潔に表現され、ネパールの主権・団結・勇敢さ・誇り・景観・発展・平和・文化と自然の多様性などを称賛したネパール固有のジャウレ形式の民謡調(6/8拍子)[5]のものとなっている。歌詞は計8行からなっており、1行目と2行目、3行目と4行目、5行目と6行目、7行目と8行目がそれぞれ脚韻を踏んでいる。

旧国歌[編集]

ネパールの国王と国に対する敬意を示した旧国歌は「スリマーン・ガンビール」(श्रीमान् गम्भीर (śrīmān gambhīr)) と呼ばれ、1962年に採用された。 軍楽隊長Bakhat Bahadur Budhapirthi(बखतबहादुर बुढापिर्थि)[6]1899年に作曲した曲に、Chakra Pani Chalise(चक्रपाणि चालिसे)が1924年に詞をつけたものだった。(後に一部改変)

歌詞[編集]

ネパール語歌詞
सयौं थुँगा फूलका हामी, एउटै माला नेपाली
सार्वभौम भई फैलिएका, मेची-माहाकाली।
प्रकृतिका कोटी-कोटी सम्पदाको आंचल
वीरहरूका रगतले, स्वतन्त्र र अटल।
ज्ञानभूमि, शान्तिभूमि तराई, पहाड, हिमाल
अखण्ड यो प्यारो हाम्रो मातृभूमि नेपाल।
बहुल जाति, भाषा, धर्म, संस्कृति छन् विशाल
अग्रगामी राष्ट्र हाम्रो, जय जय नेपाल।
Sayaű thűgā phūlkā hāmī, euṭai mālā nepālī
Sārwabhaum bhai phailiekā, Mechi-Mahākālī
Prakritikā kotī-kotī sampadāko ā̃chala,
bīrharūkā ragata le, swatantra ra aṭala
Gyānabhūmi, śhāntibhūmi Tarāī, pahād, himāla
Akhaṇḍa yo pyāro hāmro mātṛibhūmi Nepāla
Bahul jāti, bhāṣhā, dharma, sãnskṛti chan biśhāla
Agragāmī rāṣhṭra hāmro, jaya jaya Nepāla
[sʌjʌũ tʰũɡa pʰulka ɦami, euʈʌi mala nepʌli]
[saɾvʌbʱʌum bʱʌi pʰʌilieka, metsi-mʌɦakali]
[pɾʌkɾitika koʈi-koʈi sʌmpʌdako ãtsʌlʌ,]
[viɾɦʌɾuka ɾʌɡʌtʌle svʌtʌntɾʌ ɾʌ ʌʈʌlʌ]
[dzɲanʌbʱumi, ʃantibʱumi tʌɾai, pʌɦaɖ, ɦimalʌ]
[ʌkʰʌɳɖʌ jo pjaɾo ɦamɾo matɾibʱumi nepalʌ]
[bʌɦul dzati, bʱaʃa, dʱʌɾmʌ, sãskɾiti tsʰʌn viʃalʌ]
[ʌɡɾʌɡami ɾaʃʈɾʌ ɦamɾo, dzʌyʌ dzʌyʌ nepalʌ]
英訳
Woven from hundreds of flowers, we are one garland that's Nepali
Spread sovereign from Mechi to Mahakali
A playground for nature's wealth unending
Out of the sacrifice of our braves, a nation free and unyielding
A land of knowledge, of peace, the plains, hills and mountains tall
Indivisible, this beloved land of ours, our motherland Nepal
Of many races, languages, religions, and cultures of incredible sprawl
This progressive nation of ours, all hail Nepal

註釈[編集]

  1. ^ 野津治仁 「ネパール歌謡曲の謎」『暮らしがわかるアジア読本 ネパール』石井溥編、河出書房新社、1997年、278-279頁
  2. ^ People's Daily Online -- Nepali cabinet approves new national anthem
  3. ^ Nepalnews.com Mercantile Communications Pvt. Ltd.
  4. ^ eKantipur.com - Nepal's No.1 News Portal
  5. ^ hajurのブログ
  6. ^ नेपाल誌等、作曲者をBakhat Bir(बखतवीर)とする資料もある

外部リンク[編集]