ソグド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソグド州の位置

ソグド州タジキスタンを成す4つの州の一つで、同国の北西部に位置する。州都は、ホジェンド(以前のレニナバード)。 面積は26,100平方キロメートル。人口は1,870,000人(2000年の調査)。

地理[編集]

この地域は、ウズベキスタンジザク州ナマンガン州サマルカンド州フェルガナ州キルギスタンオシュ州と国境が入り組んでいる。シルダリヤ川が流れ込む。

歴史[編集]

行政区分[編集]

ソグド州は、14の地区に区分される。

北部
  1. アシュト地区英語版
  2. ガフロフ地区英語版
  3. ガンチ地区英語版
  4. ザファロバード地区英語版
  5. イスタラフシャン地区英語版
  6. イスファラ地区英語版
  7. カニバダム地区英語版
  8. マストチョフ地区英語版
  9. スピタメン地区英語版
  10. ジャボール・ラスロフ地区英語版
  11. シャフリスタン地区英語版
南部
  1. アイニ地区英語版
  2. クーヒスターニ・マストチョフ地区英語版
  3. パンジケント地区英語版

主要都市[編集]

州都ホジェンドは、1991年まではレニナバード(Leninabad)、2000年まではレニノボード(Leninobod)、2004年まではソグド(Sogd)として知られていた。

その他の主要都市は、

産業[編集]

住民[編集]

民族[編集]

ヤグノビ渓谷英語版に住むヤグノビ人英語版は、ソグド人の末裔である。

言語[編集]

ヤグノビ語英語版は、山間部でソグド語が細々と保たれてきた言語である。かつて使われていたソグド文字は、ウイグル文字モンゴル文字に発展したが、現代までにソグド文字は使われなくなっている。

宗教[編集]

かつてのソグド人の宗教は、ゾロアスター教マニ教ネストリウス派キリスト教,仏教であったが、現代ではイスラム教スンニ派が多いものの、ゾロアスター教の風習も残っている。

交通[編集]

関連項目[編集]