イラン百科事典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラン百科事典
Encyclopædia Iranica
著者 執筆者1200人以上
編集長
エフサーン・ヤールシャーテル
発行日 1985年以降(進行中)
発行元 コロンビア大学
イラン学センター
ジャンル 参考図書百科事典
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 上製本
公式サイト www.iranica.com
コード ISBN 978-1568590509
テンプレートを表示

イラン百科事典ラテン語: Encyclopædia Iranica)はコロンビア大学イラン学センターによるプロジェクト。1973年開始[1]イランの人びとの先史時代から現在にいたるまでの歴史、文化、文明にかかわる総合的で信頼性の高い英語による百科事典の編纂を目的としている。同事典はイラン学の学術専門領域における標準的百科事典である。

1979年以降、同事典編纂は全米人文科学基金とその他の慈善団体、個人の後援を受けている。2007年現在、数年にわたって全米人文科学基金の支援は企画予算全体の約3分の1を占める[1]

イラン百科事典の扱う範囲はペルシアイラン)をこえて、イラン語がいずれかの時代に優勢であったペルシアを取り囲む諸地域におよぶ。すなわちアフガニスタンタジキスタンアナトリアクルディスターンであり、またコーカサス南アジア中央アジアメソポタミアの一部も含む。またイラン世界とその他の地域、たとえば中国ヨーロッパその他との関係も扱われる。

現在第12巻まで出版されているが、全巻が刊行されると30巻以上となる計画である。編集長はエフサーン・ヤールシャーテル、編纂主幹はアフマド・アシュラーフ。編纂委員会にはニコラス・シムス=ウィリアムズクリストファー・ブルンナーモフセン・アシュティヤーニーマヌーチェフル・カーシェフなどがおり、また主要イラン学関連研究機関から40人以上の編集協力者として名を連ねる[2]。イラン百科事典の記事執筆者となった研究者は増え続け2006年現在で1200人以上。執筆者の所属機関はアメリカ合衆国ヨーロッパアジアにまたがる。

イラン百科事典の編纂は、複数の基金、団体、個人によって支援されている。支援者の一覧には全米人文科学基金米国学術団体協議会国際学士院連合イラン・ヘリテージ財団などの名があり、その他多くの慈善的な諸家、諸個人が挙げられている。

各項目の全文をオンライン上で無料で閲覧できる。百科事典が使用している文字・アクセント記号の表示のために、PCおよびMacintoshの利用者ともにシンプルな無料フォントをダウンロードする必要がある。

2007年3月25日、AP通信が『イラン百科事典』についてのニュース記事を配信、同事典を広範に紹介することとなった[3]。記事は印刷メディア・オンラインメディアの双方で取り上げられている。たとえばCNNインターナショナルは修正を加えたうえでWebサイトに掲載した。しかしながら同記事は、正確性において深刻な問題があり、イラン百科事典ではこれについて公式なコメントを発表している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]