チェチェン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェチェン語
Нохчийн мотт
Noxçiyn mott
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 チェチェン共和国
話者数 150万人
言語系統
北東コーカサス語族
表記体系 キリル文字ラテン文字
公的地位
公用語 チェチェン共和国
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 ce
ISO 639-2 che
ISO 639-3 che
テンプレートを表示

チェチェン語(ちぇちぇんご、Нохчийн мотт)は、ロシア連邦内のチェチェン共和国公用語。話者は約90万人。話者のほとんどはロシア語との二言語併用者である。

系統[編集]

系統的には北東コーカサス語族(ナフ・ダゲスタン語族)のナフ語派(Nakh)に属する。ナフ語派に属する言語には、ほかにイングーシ語バツ語(あるいはバツビ語、ツォヴァ・トゥシ語)がある。チェチェン語は特にイングーシ語と近い。

言語名別称[編集]

  • Galancho
  • Nokchiin Muott
  • Nokhchiin

方言[編集]

  • Ploskost (che-plo)
  • Melkhin (che-mel)
  • Itumkala (che-itu)

特徴[編集]

長母音二重母音を含む多くの母音を区別する。6つの(名詞クラス)を区別し、多くのを持つ。能格型の格標示を行う。

表記[編集]

1920年代まではまれにアラビア文字で書かれていた。1920年代半ばにラテン文字による正書法が定められたが、1938年以降はキリル文字が用いられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]