アヴァル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヴァル語
магӀарул мацӀ
maʕarul macʼ
話される国 ロシアカザフスタンアゼルバイジャントルコグルジア
地域 ダゲスタン共和国
話者数 761,960人[1]
言語系統
表記体系 キリル文字
公的地位
公用語 ダゲスタン共和国の旗 ダゲスタン共和国
言語コード
ISO 639-1 av
ISO 639-2 ava
ISO 639-3 ava
消滅危険度評価
脆弱 (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

アヴァル語(アヴァルご、МагӀарул мацӀ[maʕarul maʦʼ]「山の言葉」の意、またはАвар мацӀ [awar maʦʼ])はコーカサス諸語に属する、カフカス地方のアヴァール人の言語。ロシア連邦南部、ダゲスタン共和国公用語の一つ。主にダゲスタン共和国の西部・南部で話されており、アゼルバイジャン共和国北部にも話者が分布している。話者の総数は約60万人。

系統的には、北東コーカサス語族(ナフ・ダゲスタン語族)のダゲスタン語派に属する。北部方言と南部方言に大別される。

歴史[編集]

古代アヴァール人(Avar:同じ名前)はテュルク系を中心としており、現在のアヴァール人と近縁であるかどうかははっきりしておらず別系統といわれる[要出典]

15世紀よりグルジア文字によって、また、17世紀以降はアラビア文字によって書かれてきた。1928年にはラテン文字による表記が導入されたが、1938年キリル文字をもとにした正書法に改められた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]