ラズ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラズ語(ラズご、lazuri)は、トルコ東部の黒海沿岸、グルジアとの国境をまたぐ地域で主にラズ人によって話されている言語である。トルコ国内の正確な話者数は分からないが、10万人とも100万人とも言われる。グルジア国内にもトルコとの国境沿いに約3,000人の話者が暮らす村がある。

系統的には、グルジア語と同じく南コーカサス諸語(カルトヴェリ諸語)に属する。グルジア国内で話されているメグレル語と近く、両言語をまとめてザン語英語版 (Zan) 、また、それぞれの言語をラズ方言、メグレル方言と呼ぶこともある。

若年層でラズ語の知識は次第に失われつつあるが、その一方で、トルコ国内では最近になってラズ語の新聞・雑誌の発行やテレビ・ラジオ放送などが始められた。トルコ語ラテンアルファベットグルジア文字を使って表記されるが、正書法は定まっていない。

西部・中部・東部の3つの方言が区別される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]