アバザ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アバザ語
Абаза Бызшва, Abaza Byzšwa
話される国 ロシアの旗 ロシア
トルコの旗 トルコ
地域 ロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国
民族 アバザ人
母語話者数 47,880人[1]
言語系統
表記体系 キリル文字ラテン文字
公的地位
公用語 カラチャイ・チェルケス共和国
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 abq
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

アバザ語(またはアバジン語、Абаза БызшваAbaza Byzšwa)はカフカース地方のロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国アバジニア地区などに住むアバザ人の使用する言語。アシュハル方言とタパント方言の二つの方言がある。

ロシアに約3万5000人いるアバザ語の話者は表記にキリル文字を使い、トルコにいる約1万人のアバザ語の話者はラテン文字を使用している。

アバザ語は、他の北西コーカサス語族のように膠着語的な形態法を持つ。子音の数は63になるが、母音は2つしかない。アブハズ語と非常に近い関係にあるが、アブハズ語にはない子音もいくつかある。(有声咽頭摩擦音など)

アバザ語の研究を行った学者には、W.S.アレン(W. S. Allen)、ブライアン・オヘリン(Brian O'Herin)、ジョン・コラルッソ(John Colarusso)などがいる。

キリル文字による正書法[編集]

А а Б б В в Г г Гв гв Гъ гъ Гъв гъв Гъь гъь
Гь гь ГӀ гӀ ГӀв гӀв Д д Дж дж Джв джв Джь джь Дз дз
Е е Ё ё Ж ж Жв жв Жь жь З з И и Й й
К к Кв кв Къ къ Къв къв Къь къь Кь кь КӀ кӀ КӀв кӀв
КӀь кӀь Л л Ль ль М м Н н О о П п ПӀ пӀ
Р р С с Т т Тл тл Тш тш ТӀ тӀ У у Ф ф
Х х Хв хв Хь хь ХӀ хӀ ХӀв хӀв Ц ц ЦӀ цӀ Ч ч
Чв чв ЧӀ чӀ ЧӀв чӀв Ш ш ШӀ шӀ Шв шв Щ щ Ъ ъ
Ы ы Ь ь Э э Ю ю Я я

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]