アバザ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アバザ人
Naval Jack of Abkhazia Proposal.svg
アバザ人の民族旗
総人口

およそ50,000人

居住地域
ロシアの旗 ロシア (カラチャイ・チェルケス共和国アディゲ共和国) 34,800人[1]
トルコの旗 トルコ 10,000人[1]
アルメニアの旗 アルメニア 400人
言語
アバザ語
宗教
イスラム教スンナ派
関連する民族

アブハズ人チェルケス人など

アバザ人(またはアバジン人、英語: Abazins、Abazaアバザ語:Asuwa)はロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国アディゲ共和国などに住む北カフカースの民族。

2002年の人口調査によると、ロシア在住のアバザ人は37,942人である。また宗教は主にイスラム教スンナ派を信仰している。 アバザ人の使用するアバザ語北西コーカサス語族に属し、アブハズ語と密接な関係をもっている。またカラチャイ・チェルケス共和国に住むアバザ人のアバザ語はアシュハル方言タパント方言の二つに分かれている。

歴史[編集]

アバザ人はトルコ[1]ヨルダンシリアエジプトや他イスラム教国などにも住んでいるが、中でもエジプトに移住したアバザ人は現在「アバザ家」としてエジプトでも有数の裕福で有力な家系のひとつとなっている。こうした移住者のほとんどはカフカーズ戦争の際、ロシア帝国によって離散を余儀なくされたアバザ人難民の子孫である。

アバザ人は元々アブハジア西部、黒海東岸のサジェン英語版という町に住んでいた。14世紀から15世紀にかけてアバザ人はアブハジアからアバジニアに移住し、18世紀から19世紀ごろロシア帝国の影響により2度目の移住を行った。

なおトルコのサムスンヨズガトアダナ、カイセリ・ウズニャイラ(「高原」)といった都市には、およそ15万人のアバザ人が居住しているが、このアバザ人はかつてアシュハル・クランに属してロシア帝国軍に対抗し「クバーダ(現在のソチクラースナヤ・ポリャーナ英語版)の戦い」に敗北した後、トルコに移り住んだアバザ人の子孫であるが、他方タパントのアバザ人はロシア帝国軍の一部として戦いに加わっていた。

関連項目[編集]

参照[編集]