ウビフ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウビフ語
twaχəbza
話される国 トルコ
地域 カフカス
消滅時期 1992年
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 cau
ISO 639-3 uby
消滅危険度評価
消滅 (UNESCO)
Status-unesco-extinct.svg
テンプレートを表示

ウビフ語(Ubykh)は、北西コーカサス語族(アブハズ・アディゲ諸語)の一つ。

歴史[編集]

ウビフ語を話すウビフ人英語版は、もとは黒海北部沿岸のソチの付近に住んでいたが、1875年ごろにトルコに移住した。1992年10月7日、ウビフ語の最後の話者であったテヴフィク・エセンチ(Tevfik Esenç)が死去し、ウビフ語は死滅した。

エセンチとともにフランスの言語学者ジョルジュ・デュメジルジョルジュ・シャラキゼが研究を行なった。

特徴[編集]

ウビフ語は83の子音を持ち(但し、そのうち3つは借用語にしか現れない)、以前は世界でもっとも多くの子音を持つ言語であると考えられていた。母音は2つしかない。そのほかにも数々の点で特異な言語である。

膠着的な形態法を持つ。能格型の格標示を行う。4つのを区別する。動詞は多くの接頭辞接尾辞によるきわめて複雑な派生屈折を行う。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]