ユディシュティラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
画像中央の玉座に座っている男性がユディシュティラである

ユディシュティラ梵語:युधिष्ठिर, yudhiṣṭhira)は、ヒンドゥー教の聖典の1つである叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄である。

彼はパーンダヴァ兄弟5人のうちの1人目で、アルジュナビーマナクラサハデーヴァと兄弟。パーンドゥの最初の妻としてクンティーが産んだ中では第1子である[1]ドラウパディーを兄弟共通の妻としてもつ。


誕生[編集]

パーンドゥは性交をすると死んでしまう呪いをかけられていた。そのため子を作る事が出来なかった。彼の最初の妻クンティーは以前リシ(賢者)のドゥルヴァーサから任意の神を父親とした子を産むマントラを授かった。パーンドゥとクンティーはそれを利用してダルマヴァーユインドラの順にそれぞれを父親とする子を得た。ユディシュティラは正義の神であるダルマにより生まれた[2]

ドラウパディー[編集]

アルジュナの弓の才能によりパンチャーラ国王ドルパダの娘である最初の妻ドラウパディーとの婚約を勝ち取った。ドゥルパダにより娘に合う結婚相手を選ぶ競技が開催された。木製の魚が池の水の高く上へ吊り下げられ、その上回転していた。競技者は水の反射を見ながら回転する魚の眼に当てる事を要求された。アルジュナだけがこれをやり遂げ、美しきドラウパディーとの婚約を勝ち取った。

パーンダヴァ全員が母のクンティーに知らせずにトーナメントに参加した。彼等は勝利してドラウパディーを連れて帰った。家の外から、彼等は母へこう叫んだ。「母上、予が何を手に入れて来たか信じられないでござろう。当ててごらんくださいませ」。彼女は仕事で忙しかったため「それが何であっても、均等に分け合い、そのことで喧嘩をしてはなりませぬよ」と言った。彼らは母のこの何気ない言葉を真に受け、ドラウパディーを5人の共通の妻とする事に決めた。独力で花嫁を勝ち取ったアルジュナは自身の寛大さにより、快く花嫁を兄弟全員と「分け合った」のだった。

あくまで義務を守る[編集]

兄弟は相談して、彼らの共通の妻ドラウパディーとの関係を管理する決まりをつくった。決まりの要点は、どの兄弟も、他の兄弟がドラウパディーと二人きりでいるところを邪魔をしてはならないという事で、その罰は12年の追放だった。ユディシュティラが王として即位し、パーンダヴァ家がインドラプラスタ英語版を順調に治めていた頃、一人のブラフミンがアルジュナに助けを求めて来た。彼の牛が泥棒の一団に奪われたのである。アルジュナ以外に助けられる者はいなかった。アルジュナはジレンマに陥った。彼の武器はその夜ドラウパディーとユディシュティラが二人きりでいる部屋にあり、彼らを邪魔すれば罰を受ける筈だった。アルジュナはそれでも躊躇ったが、彼の中では人の、特にブラフミンの悩みに救いの手を差し伸べることが王子としてのレゾンデートルであった。12年の追放があるにもかかわらず、ブラフミンを救う義務に満ちたアルジュナは、ユディシュティラとドラウパディーが二人きりでいる部屋へ急を知らせた。その後、アルジュナは武器を取って牛泥棒の制圧へ向けて馬を駆け、仕事を終えた時、ユディシュティラを含む家族全員の反対にも関わらず、自らの追放を要求した。

ドゥルヨーダナによるパーンドゥ兄弟の追放[編集]

ドゥルヨーダナの奸計により、パーンダヴァの長兄ユディシュティラはカウラヴァ100兄弟の伯父シャクニとのサイコロ賭博に負けて、兄弟とドラウパディーはその後12年間を森で過ごし、13年目を'匿名'で過ごす(知られればさらに12年を森に棲む)事を強いられた。森での生活の途中でアルジュナは天界で武者修行をした後再合流し、全員で13年目はヴィラータ王の宮殿に身分を偽って住んだ。

クルクシェートラの戦い[編集]

追放の最後、パーンダヴァ家は王国のカウラヴァ家からの奪還を要求し、戦いの火蓋が切られた。


戦の後[編集]

戦での勝利により、ユディシュティラは再即位し、アルジュナは、兄のユディシュティラ王によりアシュヴァメーダ(馬祀祭)の指揮をとる様指名された。アルジュナは生贄の馬に国中をついてまわり、残る不正な王を殺し、公正で、寛大な支配を世界に確立した。

クルクシェートラの戦いから36年後、パーンダヴァ兄弟は、世を捨てる事を決心した。王国をアビマニユの息子でアルジュナの孫のパリークシットに任せ、ヒマラヤを抜けメール山に向かった。多くは途中で斃れ、ユディシュティラと犬がメール山に到達し、そこで世を去った。

脚注[編集]

  1. ^ なお、クンティーはパーンドゥと結婚する前、カルナを生んでいる。カルナは太陽神との間にできた子で、クンティーは生娘のままでカルナを生んだ。上村勝彦訳(2002)『原典訳 マハーバーラタ第4巻』第403頁
  2. ^ 上村勝彦訳(2002)『原典訳 マハーバーラタ第1巻』第400頁

参考文献[編集]

  • 上村勝彦訳(2002-2005)『原典訳 マハーバーラタ全8巻』(第8巻で絶筆)筑摩書房 東京
  • 山際素男訳(1991-1998)『マハーバーラタ 全9巻』三一書房 東京