イジェフスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イジェフスク
Ижевск
Ижкар
聖ミハイル大聖堂 (Svyatomikhaylovsky Cathedral)
聖ミハイル大聖堂 (Svyatomikhaylovsky Cathedral)
イジェフスクの市章
市章
位置
ロシア内のウドムルト共和国の位置の位置図
ロシア内のウドムルト共和国の位置
座標 : 北緯56度51分 東経53度14分 / 北緯56.850度 東経53.233度 / 56.850; 53.233
歴史
建設 1760年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 沿ヴォルガ連邦管区
 行政区画 ウドムルト共和国の旗 ウドムルト共和国
 市 イジェフスク
市長 Viktor Balakin
地理
面積  
  市域 316.66 km2
標高 140 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 613,295人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+4)
郵便番号 426000 - 426077
市外局番 +7 3412
ナンバープレート 18
公式ウェブサイト : http://www.izh.ru/

イジェフスクИжевск, Izhevsk ウドムルト語イズ, Иж, Iž/ イズカル, Ижкар, Ižkar)はロシア連邦に属するウドムルト共和国首都人口は632,000人(2002年)。ウラル山脈の西側(ヨーロッパ側)を流れるイジ川の河畔に位置し、イジ川がカマ川に注ぐ地点から約40km。

真夏の気温:18~32℃ 真冬の気温:-18~-32℃

18世紀後半にウラルの工場都市として建設され、冶金業を中心に様々な機械工業、兵器工業が発達した。イジェフスクの兵器工場・「イジェフスク機械製作工場」(現:イズマッシュ社)で、ミハイル・カラシニコフは有名なAK-47を設計した。そのためソ連時代は外国人の立ち入りが禁止された閉鎖都市であった。イズマッシュは兵器のほか、「IZH」(ИЖ)ブランドの自動車オートバイも製造している。

歴史[編集]

イジェフスクの兵器工場の入り口

1760年に冶金工場とダム湖の建設が始まった時が町の創立となる。当時はイジェフスキーИжевский)という名だったが、1918年に市となった際にイジェフスクという名に変わった。1984年から1987年まで、ドミートリイ・ウスチノフ将軍にちなんで、ウスチノフУстинов, Ustinov)と呼ばれていた。

1920年には新設されたヴォート自治州の州都となり、ウドムルト自治州と改名された後、1934年にウドムルト自治ソビエト社会主義共和国の首都となった。19世紀初頭以来の兵器産業は、第二次世界大戦独ソ戦)におけるソビエト連邦冷戦における東側諸国の軍事力を支え、世界的に名をはせた。

教育[編集]

ウドムルト共和国大統領府

イジェフスクはウドムルト共和国の文化と教育と研究の中心である。2年制の様々な専門学校が立地し、医療や教育の人材を輩出している。

ロシア科学アカデミーのウラル支部はイジェフスクに物理学、機械、経済学などの研究所を置いている。またウドムルト歴史・言語・文学研究所も置かれている。

ウドムルト共和国にある5つの高等教育機関のうち4つはイジェフスクにある。ウドムルト国立大学、イジェフスク技術大学、農業アカデミー、医学アカデミーの4つである。ウドムルト国立大学は2006年で創立75周年を祝った。28,000人の学生が学び、13の学部と7つの研究所を備えている。

文化・観光[編集]

武器庫博物館

イジェフスクの有名な博物館には、兵器を展示するカラシニコフ博物館、イジェフスクの歴史を展示する武器庫博物館、ガリナ・クラコヴァ博物館、民族美術館、ガレリア芸術センター、イズマッシュ博物館、ゲンナジー・カラシニコフ・アパート博物館などがある。大統領府も観光客に人気のある名所となっている。

舞台芸術の拠点としては、ウドムルト共和国国立オペラ・バレエ劇場、V.G.コロレンコ国立ロシア・ドラマ劇場、ヤングマン・オルタナティブ劇場、ウドムルト共和国国立人形劇劇場、ウドムルト共和国国立交響楽団、サーカス劇場などがある。

スポーツ[編集]

アイスホッケーのクラブチーム・HCイジュスターリ・イジェフスク(Ижсталь Ижевск)、およびサッカーのクラブチーム・FCソユーズ=ガスプロム・イジェフスクが本拠を置く。

イジェフスク湖[編集]

イジェフスクの銃器工場、1916年
イジェフスク湖畔に建つ、ウドムルトとロシアの人々の友情の記念碑
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

イジェフスク市街の北西に隣接するイジェフスク湖は市民の憩いの場になっている。面積は22平方kmにおよぶこの湖は、1760年代に工業用水確保のために作られた人工湖である。皇帝エカチェリーナ2世1757年9月15日、ピョートル・シュヴァロフ伯爵にカマ川流域に3つの工場を建てる勅許を与えた。そのうちの2番目に建てられたのがイジェフスク工場で、その操業のために工業用水ダムが建設された。まずイジ川とヤグル川の合流点に都市とダムを作る工事が1760年4月に始まった。ダム湖が工場の操業に必要な水の高さに達したのは1763年6月のことである。

技術者アレクサンドル・デリャービンは皇帝アレクサンドル1世から兵器工場を作るようにとの命を受け、1807年に冶金工場だったイジェフスク工場を兵器工場へ転用し(現在のイズマッシュ社の前身)、同時に1809年から1815年にかけてダムを作りなおした。1983年から1984年にかけてもダムの拡張が行われている。イジェフスクの工場の多くは今でもこの湖の周りに立地している。

1972年には長さ5kmほどの遊歩道に大通りや広場を組み合わせた湖畔の公園が湖に沿って拡張された。公園にはさまざまな記念碑があり、市民が集まっている。

出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • ミハイル・カラシニコフ - イジェフスクで銃器設計を行う。2013年12月23日イジェフスクで没
  • ヒューゴ・シュマイザー - 第二次大戦後赤軍に連行されイジェフスクで兵器設計を行う
  • ヘルマン・ヴェーバー - DKWで活躍したドイツのオートバイ設計者、第二次大戦後イジェフスクで没

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]