カマ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマ川
カマ川 2006年7月2日撮影
ペルミ付近
水系 ヴォルガ川
延長 1,805 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 507,000 km²
水源 ロシアウドムルト共和国
河口・合流先 ロシア・タタールスタン共和国
流域 ロシア
テンプレートを表示

カマ川ロシア語: Ка́ма, タタール語: Çulman, Чулман, チュルマン川)は、ロシアで、ヴォルガ川の支流。ウラル山脈の西側に発し、かつてはヨーロッパ・ロシアからシベリアへの交易のための水路として使われていた。

源流はウドムルト共和国にあり、東に流れ、ペルミ地方に入り南、西と向きを変え、再度ウドムルト共和国に入り、タタールスタン共和国でヴォルガ川と合流する。

主な支流は長い順にコーサ川ヴィシェラ川スィルヴァ川チュソヴァヤ川ベラヤ川イク川イジ川ザイ川ヴャトカ川ミョシャ川。流域の主な都市にソリカムスクベレズニキペルミサラプルエラブガナーベレジヌイェ・チェルヌイがある。

ヴォルガ川水系