タタールスタン共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タタールスタン共和国
タタール語Татарстан Республикасы
ロシア語Республика Татарстан
タタールスタン共和国の旗 タタールスタン共和国の紋章
国旗 国章
タタールスタン共和国の位置
公用語 ロシア語タタール語
首府 カザン
大統領 ルスタム・ミンニハノフ
首相 イリダル・ハリコフ
構成体種別 共和国
連邦管区 沿ヴォルガ連邦管区
経済地区 ヴォルガ経済地区
面積
 - 総計
国内第44位
68,000km2
人口(2002年)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第8位
3,779,265人
55.6人/km2
73.8% : 26.2%
時間帯 UTC +4(DST: なし)
モスクワ時間
ISO 3166-2:RU RU-TA
番号 16
ウェブサイト http://www.tatar.ru/
Tatar03.png

タタールスタン共和国(タタールスタンきょうわこく、タタルスタンとも、タタール語キリル文字:Татарстан Республикасы、ラテン文字:Tatarstan Respublikasıロシア語Республика Татарстан)は、ロシア連邦地域管轄区分のひとつ沿ヴォルガ連邦管区の中央に位置する共和国である。公用語ロシア語タタール語ソ連時代に自治共和国であったものが、ロシア連邦成立に伴い共和国に格上げされた。1992年には主権宣言を行った。

概要[編集]

民族構成(タタールスタン)
タタール人
  
53%
ロシア人
  
40%
その他
  
7%

地理[編集]

タタールスタンは東ヨーロッパ平原に位置する。キーロフ州ウドムルト共和国バシコルトスタン共和国オレンブルク州サマラ州ウリヤノフスク州チュヴァシ共和国マリ・エル共和国と隣り合う。

歴史[編集]

古くはフィン・ウゴル系のアナニノ文化紀元前8世紀-紀元前3世紀)があったことで知られる。紀元前4世紀頃からインド・ヨーロッパ語族を話すスキタイ系のİmänkiskä cultureとなった。

ブルガール・カガン国があったが、モンゴルのヴォルガ・ブルガール侵攻モンゴル帝国に滅ぼされ、ジョチ・ウルスに編入された。ジョチ・ウルスが分裂するとカザン・ハン国として独立したが、1552年カザン包囲戦英語版で滅亡し、ロシア帝国に併合され、1708年からカザン県となった。

ロシア内戦中にはイデル=ウラル国として一時独立した。

1990年8月、主権宣言し、共和国への昇格を宣言した。ソ連が崩壊してCIS(独立国家共同体)が成立すると加盟する意思を宣言したが実現しなかった。ロシアは1992年3月末に、国内の共和国や州などと権限分割条約(連邦条約)を結んだが、この直前にタタルスタンは国民投票を行い、ロシアと対等な関係であると決め、条約への参加を拒否した。この後もロシアとの紆余曲折があったが、1994年2月、権限分割条約が結ばれた。国際的に高い評価を受けた。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは、標準時がUTC+3で夏時間がUTC+4であった)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「タタールスタン共和国」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア