マガダン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マガダン州
ロシア語: Магаданская область
マガダン州の旗 マガダン州の紋章
マガダン州旗 マガダン州紋章
マガダン州の位置
公用語 ロシア語
首府 マガダン
マガダン州知事 ニコライ・ドゥードフ
マガダン州第一副知事 ニコライ・カルペンコ
構成体種別
連邦管区 極東
経済地区 極東
面積
 - 総計
国内第11位
461,400km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第81位
182,726人
0.4人/km2
92.3% : 7.7%
時間帯 UTC +12(DST: なし)マガダン時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.magadan.ru/

マガダン州Магаданская область; Oblast Magadan)はロシア連邦オーブラスチ)。州都はマガダン極東連邦管区に属する。

東はカムチャツカ地方(旧コリャーク管区)、南はハバロフスク地方、西はサハ共和国、北はチュクチ自治管区に接している。

概要[編集]

人口の約半分はマガダン市に集中している。

標準時[編集]

Map of Russia - Magadan time zone.svg

この地域は、マガダン時間帯標準時を使用している。時差はUTC+12時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+11で夏時間がUTC+12時間であった)

地理[編集]

面積の4分の3をツンドラ、森林ツンドラが占める。コリマ山脈が走り、オホーツク海に面する。

歴史[編集]

ロシア人の定住は17世紀に始まったが、人口の流入が急激に増加したのはソビエト連邦時代に流刑地とされてから。1928年に流刑処分にされた政治犯らの手でナガエフ港と居住地が建設されたことから発展、居住地が1939年にマガダン市に昇格する頃には、マガダンを拠点とするラーゲリ網の整備も進んだ。1953年12月3日に州が設置された。

産業[編集]

主要な産業はタングステンの採掘・精錬。モリブデンなども産する。唯一マガダンが産業の中心地で、漁業ではほかに何ヵ所かに輸出用加工会社がある。最近石炭開発の関心が高まっている。中期的に見れば石油天然ガスも有望である。農業は発展していない。

金鉱開発は、1930年代にラーゲリが設置されて開発が進められたコルィマ鉱山鉱山群)が現在も稼働しているほか、1990年代以降はクバカ鉱山、シコリノエ鉱山、ドゥジュリエッタ鉱山など新しい金鉱の開発も進められている。地域の年間産出量は、2005年現在で約30t。過酷な労働条件下の鉱山の存在により、地域の平均賃金は周辺の州よりも高いが、人口に占める男性の比率が高いという現象も見られる。

豊富な天然資源にもかかわらず、経済は低迷している。厳しい自然とインフラ未整備に加え、ソ連崩壊により住民が離れたため多数の会社が倒産した状況がある。しかし、外資導入により経済再生を目指す動きもある。

交通[編集]

  • マガダン郊外に国際空港がある。
  • 鉄道は通っていない。

主な都市・居住地[編集]

外部リンク[編集]