スヴェルドロフスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴェルドロフスク州
ロシア語: Свердловская область
スヴェルドロフスク州の旗 スヴェルドロフスク州の紋章
スヴェルドロフスク州旗 スヴェルドロフスク州紋章
スヴェルドロフスク州の位置
公用語 ロシア語
首府 エカテリンブルク
スヴェルドロフスク州知事 エフゲニー・クイヴァシェフ
構成体種別
連邦管区 ウラル
経済地区 ウラル
面積
 - 総計
国内第17位
194,800km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第5位
4,486,214人
23人/km2
87.9% : 12.1%
時間帯 UTC +6(DST: なし)エカテリンブルク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.midural.ru/

スヴェルドロフスク州Свердловская область; Sverdlovsk Oblast)はロシア連邦中央部のオーブラスチ)。ウラル連邦管区に含まれる。州都はエカテリンブルク。州名は革命家のヤーコフ・スヴェルドロフに由来する。

概要[編集]

  • 面積 194,800km²(ロシア連邦の1.2%)
  • 人口 4,486,214人(2002年)
  • 人口密度 23人/km²

標準時[編集]

Map of Russia - Yekaterinburg time zone.svg

この地域は、エカテリンブルク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+6時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+5で夏時間がUTC+6であった)

地理[編集]

州の大部分はウラル山脈の東麓から西シベリア平原に位置する。南西部の一部がウラル山脈の西側にのびる。西にペルミ地方、北にコミ共和国、東にハンティ・マンシ自治管区チュメニ州、南にクルガン州チェリャビンスク州バシコルトスタン共和国と隣り合う。

主なは、ウラル以東でタヴダ川、トゥラ川、ウラル以西でカマ川の支流のチュソヴァヤ川ウファ川など。

天然資源が豊富で、白金などの金属や石油石綿ボーキサイトなどを産する。

大陸性の気候。

市が47、町が99、村落が1886ある。

人口[編集]

ロシア連邦で5番目に人口の多い行政区分であり、ウラル山脈以東のロシアではもっとも人口が多い州である。人口の9割近くが都市に集中している。

歴史[編集]

1552年ロシアカザン・ハン国を併合し、この地域もロシアの版図に入った。天然資源に富むため、18世紀から19世紀にかけてロシアの工業の中心となった。第二次世界大戦の際には、ドイツ軍の侵攻から守るために、ロシア西部から多くの工場がここに移された。

1934年1月17日に州が設置された。

政治[編集]

歴代知事は以下の通り。

経済[編集]

ロシアの鉄鋼業の12%がスヴェルドロフク州に集中している。鉄や銅の採掘・精錬、自動車製造、金属加工、木材加工などが盛ん。特に戦時中にコピー製造していたBMWレトロバイク風のオートバイ・サイドカーを製造するウラルモト社(旧名IMZ社)は世界的に有名。この企業の存在もあり、スヴェルドロフク州イルビト市はヨーロッパ人から「レトロバイクの聖地」として知られ、イルビト・モーターサイクル博物館イルビト・バイクショーやレースなどオートバイ関連の多彩な催し物、施設があることでも知られている。

都市[編集]

州都エカテリンブルク(州の人口の28%が集中している)のほかに、主な都市としてニジニ・タギル(437,400人)、カメンスク・ウラルスキー(207,800人)、ペルヴォウラルスク(165,400人)、セロフ(100,300人)、ノヴォウラルスクアスベストなど。