バトゥミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Batumi
ბათუმი
Streets of Batumii.jpg
Batumi COA.JPG
座標 : 北緯41度39分 東経41度39分 / 北緯41.650度 東経41.650度 / 41.650; 41.650
地理
面積  
  域 64.9km2
標高 0m
人口
人口 (2012現在)
  域 120,405人
    人口密度   1900人/km2
その他
等時帯 Georgian TimeUTC+4

バトゥミ(ბათუმი, Batumi)は黒海に臨むグルジアの港湾都市。アジャリア自治共和国首都人口は約13万7000人(1991年)。

概要[編集]

バトゥミにはグルジア最大のがあり、重要な商工業都市である。保養地としても有名。トルコとの国境から約20kmのところに位置する。亜熱帯気候で、レモンオレンジを産する。

古くはギリシア人植民都市であった。17世紀以降、オスマン帝国の支配下に置かれ、住民のムスリム化が進んだ。1878年には露土戦争後のサン・ステファノ条約によって、ロシア帝国に併合された。1901年にはスターリンがバトゥミでストライキを起こしている。ロシア革命後には、トルコ軍やイギリス軍によって一時的に占領された。1919年にはイギリスの後押しで独立した(バトゥミ共和国)が数か月でイギリス軍政下に置かれ、1921年ソビエト連邦領となった。

グルジア正教カトリックイスラムユダヤ教アルメニア教会など多くの宗教が混在する町であり、それぞれの宗教の寺院・教会が見られる。旧ソビエト連邦で唯一の[要出典]水族館があった。

バトゥミ出身の人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]