アラス共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラス共和国
Araz Respublikası
ザカフカース民主連邦共和国 1918年 - 1919年 アルメニア民主共和国
アゼルバイジャン民主共和国
アラス共和国の国旗
(国旗)
公用語 アゼルバイジャン語
首都 ウードゥル
ナヒチェヴァン
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
宣言 1918年4月22日
アルメニア民主共和国の侵攻 1919年5月26日

アラス共和国(アゼルバイジャン語: Araz Respublikası; アルメニア語: Արաքս Հանրապետություն)は短命なコーカサス南部の未承認国家。 アラクス共和国、アラクシー共和国としても知られる。現在のアゼルバイジャンナヒチェヴァン自治共和国の位置におおよそ一致する。名前はアラス川に基づいており、1918年12月アゼルバイジャン民主共和国の与党であった平等党(Musavat Party)とオスマン帝国青年トルコ人政府の支援でJafar Kuli Khan Nakhchivanskiによって表明された。

アラス共和国の建国はこの地域をアルメニア民主共和国に割り当てた英国の南コーカサス司令官であるジョン・オリバー・ワードロップ卿の国境提議に反応していた[1]。この国の存在は、1919年6月中旬のアラス戦争でアルメニア民主共和国からの軍が侵攻し、地域統制の掌握に成功したときに消滅した。しかしながら、これをきっかけに、アゼルバイジャン民主共和国の軍がナヒチェバンに侵攻し、7月の暮れにアルメニアはこの地域での統制を失った[2]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Dr. Andrew Andersen, Ph.D. Atlas of Conflicts: Armenia: Nation Building and Territorial Disputes: 1918-1920
  2. ^ Армяно-Азербайджанские вооруженные конфликты 1919-1920 гг.