民族紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

民族紛争(みんぞくふんそう、Ethnic war、ethnic conflict)とは、民族が異なるとする人々の間で起こる紛争のことをいう。複数の民族間の武力抗争、少数民族の政治化した紛争、複数国家に分離させられた民族間の対立などがある。

民族間対立が引き金となって起こるとされるが、その発生要因には民族間における宗教政治歴史経済的な対立などの多様な背景があり、本来は同じ民族であるが、対立する組織を味方の組織と区別するために、民族という区別を持って紛争を遂行することもある。

冷戦中から東西陣営の代理戦争も含めて世界各地で発生していたが、冷戦終結後も頻発している。通常の国家間の戦争以上にジェノサイドなどの戦争犯罪につながる可能性が高い。武力衝突テロリズムにまで至らない対立した状態のこともいう場合がある。

世界の主な民族紛争[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]