ユニバーサル・キャリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニバーサル・キャリア
迫撃砲キャリア
ベルギーで展示された
3インチ迫撃砲キャリア
基礎データ
全長 3.6 m
全幅 2.1 m
全高 1.6 m
重量 3.8 t
乗員数 2 - 5名
装甲・武装
主武装 主にブレン軽機関銃
または
ボーイズ対戦車ライフル
機動力
速度 48 km/h
エンジン フォードV8エンジン
懸架・駆動 ホルストマン製サスペンション
行動距離 180 km
テンプレートを表示

ユニバーサル・キャリア (Universal Carrier) は、イギリス陸軍向けに開発された装軌式汎用輸送車である。もっぱらブレンガン・キャリア (Bren Gun Carrier) として知られているが、必ずしも常にブレンガン(イギリス製の軽機関銃)を搭載していた訳ではない。第二次世界大戦中、人員や物資の輸送、機関銃の搭載車輌として、連合国軍により多用された。

設計[編集]

イギリス陸軍キングス連隊のユニバーサル・キャリア
上から見たユニバーサル・キャリアの内部。後端にファイナルドライブを持つエンジンを車体中央部に配置している構造が窺える。

ユニバーサル・キャリアの設計は、1920年代に開発されたカーデンロイド・キャリアに影響されている。最初に、ブレンガン・キャリアとして、ヴィッカース・アームストロング社から1936年に発表された。これは、多少なりとも異なった、様々な派生型を生み出すこととなった。しかし、単一のモデルとして統一して量産された方が良いということが明白になり、1940年にユニバーサル・キャリアが製造された。特に、汎用輸送車として量産された。

初期のモデルでは、運転手と車長が真横に並んで座る配置であった。運転席が右で、垂直レバー式のステアリング・ハンドルが備わっていた。車長席の前には覆いがあり、ブレンガン(や、その他の固定武器)を配置し、射撃できるような細いスリットが設けられていた。エンジンは車輌の中央に配置され、動輪は後部に配置された。エンジンの両側には空間が設けられており、人員または物資を搭載・運搬できるようになっていた。

ユニバーサル・キャリアは、歩兵支援用の共通車台として、ヴィッカース機関銃ブレン軽機関銃ボーイズ対戦車ライフル各搭載バージョンや、3インチ(76.2mm)迫撃砲とその射撃要員を搭載する自走迫撃砲としても使われた。また、2ポンド対戦車砲を搭載したバージョンもあった。6ポンド対戦車砲の搭載には無理があり、牽引車として使用された。しかし、後に登場した17ポンド砲は、重すぎてユニバーサル・キャリアでは牽引できなかった。

ユニバーサル・キャリアは、前面と側面に武器を搭載できた。小火器弾や榴弾・手榴弾の破片程度であれば防御できる程度の装甲を備えていたが、上面は完全に開いており、また側面の装甲板も立った場合には肩の位置ぐらいまでしかなかった。そのため日本軍との戦闘の際、日本兵がユニバーサル・キャリアに飛び乗って乗員を殺傷した事例も起きている。

関連する車輌として、カナダ軍が設計・製造したウインザー・キャリア(Windsor Carrier)がある。車体は似ているが、全長が76.2cm(30インチ)長く、転輪(ロードホイール)を増やしたものとなっている。

製造状況[編集]

イギリスで初期型が、ソーニクロフト、モーリス・モーター、エーブリング・アンド・ポーター、ベットフォード・ビークルズ、センチネル・ワゴン、フォード・イギリスによって製造された。また、ユニバーサル設計になってからは、ソーニクロフト、エーブリング・バーフォード、センチネル・ワゴン、フォード・イギリス、ウーズレー・モーターといったメーカーが製造した。イギリス国内だけで約57,000輌が生産された。

カナダのフォード・カナダでは28,000輌が生産された。

他にもオーストラリアニュージーランドアメリカ合衆国など生産数は多数に渡り、詳細な台数は不明である。ヨーロッパに送られて、連合軍で幅広く使用された。ソビエト陸軍にも1941年から1945年までの間に2,008輌がレンドリースされ、主に偵察部隊で用いられた。

派生型[編集]

カナダ軍で使用されたワスプ火炎放射キャリア
2ポンド対戦車砲キャリア
3インチ迫撃砲キャリア
ボービントン戦車博物館に展示されているPraying Mantis試作車

イギリスの旗 イギリス[編集]

Mk. I
オリジナルモデル。
Mk.II
牽引装置を備えたもの。
ワスプ (Wasp)
火炎放射器を搭載したもの。当初は燃料タンクを車台に搭載していたが、カナダ軍が燃料タンクを外付けにして通常のキャリアを兼任できるようにした「Mk.C」型を独自開発し、使い勝手の良さから英軍でも採用された。

オーストラリアの旗 オーストラリア[編集]

LP1 キャリア
オーストラリア軍が製造したブレンガン・キャリア。
LP2 キャリア
オーストラリア軍が製造したユニバーサル・キャリア。ニュージーランド軍にも供与された。
2ポンド対戦車砲キャリア
LP2キャリアにかなりの改修を加え、全長を長くし、車内を完全に横切ることができるようにした。車台の後ろに2ポンド対戦車砲を搭載し、エンジンは前方左に移された。
3インチ迫撃砲キャリア
2ポンド対戦車砲キャリアの設計を元に、3インチ迫撃砲を搭載したもの。迫撃砲を車体から降ろすこともできるが、搭載したまま全周に向けて射撃することができた。

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[編集]

T-16
フォードからのレンドリースで、1943年から1945年までアメリカ軍に供与されたもので、制式名は「Carrier, Universal, T16, Mark I」。主としてカナダ軍により使用され、戦後はスイス軍オランダ軍によって使用された。

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国[編集]

Fargestell Bren (e)
1940年、ドイツ軍に鹵獲されたキャリア。3.7 cm PaK 36を搭載して再利用された。

その他[編集]

Praying Mantis
実験用車輌。車体はユニバーサル・キャリアのオープントップのそれに替えて、操縦手と銃手各1名が腹這いで搭乗できる、ハードトップの筐体に換えられた。また、高い射撃姿勢を取ることができるように、筐体は後端側を軸として持ち上げられるようになっていた。

外部リンク[編集]